ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

年末年始

 冬のハウステンボスというのは、実は、花が満開で美しい。
 夏が案外いまひとつだったぶん、いまは、キンデルダイクのパンジーやビオラがあざやかだし、フリースラントの菜の花畑の黄色が気分を高揚させてくれる。

 
a0015110_2243593.jpg


 それにしてもクリスマス前後のハウステンボスの人出には驚いたなあ。
 場内ホテル案内所も入場口も行列だし、マイクロバスはズラリ、テオおじさんサンタとの撮影をするために、キンデルダイクは橋まで大行列だったよ。
 
 わたしは用事があって隣りの早岐までバスで行ったのだけど、途中の道も渋滞。
 帰りは電車にしたら、カップルばかり・・・・・。

 ハウステンボスの園内は広いので、キンデルダイクを抜ければ、案外、そんなに混雑を感じないとはいえ、ウワサでは、31日大晦日の人出はとんでもなくスゴイのだという。

 年末年始は、ここ、ハウステンボスから一歩もでられない、というか、出たら、帰宅できなさそう。初詣は2日以降か。

 ま、考えようによっては、世の中、ハウステンボスで年末年始を過ごすためにみなさんやってくるのであって、特別料金を払わずとも、ここにいられるのは楽しいかもしれない。
 どんなひとがあのちょっとビックリな特別料金を払って過ごしているものなのか、ホテルヨーロッパは宿泊客を見学しにいこう・・・・。 
[PR]
by epsom | 2004-12-28 22:43 | ハウステンボス