ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

チューリップとパンジー

a0015110_22301591.jpg  押し花トモダチの大学教授夫人から、悲痛な調子で電話がかかってきた。
 「いま、ハウステンボスにいるのだけれど、パンジーが・・・・!」

 聞けば、チューリップへの植え替えのため、美しく咲き誇っているパンジーが、バッタバッタと引っこ抜かれ、無残にも大量にゴミ袋へと捨てられている作業中だという。
 ひえええ。。。も、もったいない・・・・・!
 わ、わたしたちにくれれば、きっちり押し花にして、その美しさを残すのに・・・。
 
 関係者によると、これらの植え替えの花は処分されるのだが、混乱を避けるため、一般にはいっさい配布しない決まりなのだという。

 そんなことをせず、逆に来場者アピールのためプレゼントにすればいいのに、と思う。

 思い出すのが、東京・世田谷の馬事公苑の愛馬の日。
 この日は、 伝統行事からホースショーまで多様な馬づくしのイベントがあり、たいへんオモシロイ。
 ふつうこういうイベントの一日というのは、お客さんの出入りが激しいものだが、愛馬の日は、最終のイベント終了まで、たくさんのお客さんが滞留している。
 「世の中、お馬好きのひとって、こんなにいるんだ~・・・」
 などと感心していたら。
 馬場のまんなかでアナウンス。
 「・・・みなさま、最後までお楽しみありがとうございました。
  それでは、どうぞ、

  苑内のお花を持ち帰ってください!

 いっせいに散る人々。よく見ると、みんな手にスーパーの袋持参。
 どーりで、みんな、やたら場内の花をじっくりと散策するひとがいるなあと思ったら、
 あれは目当ての花の事前チェックだったのかぁ・・・・!

 ・・・・・ということで、ハウステンボスもぜひ、せっかくならプレゼントにしてくれることを希望。

 きょうのハウステンボス、
 まだチューリップ祭りじゃないですから!  
 とでも主張するように、チューリップ畑の一列だけ、まだパンジーがわざと残っていたり。
 
 チューリップ祭まで、あと、6日!
 
[PR]
by epsom | 2005-01-30 23:04 | ハウステンボス