ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

くじゃく園

a0015110_22492046.jpg 温泉博士の期限がきれそうなので、くじゃく園へ。
 (今月、無料で温泉に入浴できる対象施設)
 ハウステンボスからクルマで10分と、意外に近い。
 大村湾をはさんで、ハウステンボスからも見える。
 この「大崎半島」まるごと自然公園。入場は無料。
 寒いので温泉の前に、くじゃくだけ、とりあえず見ることにする。
 
 a0015110_230984.jpg
 巨大な鳥かごのなかのくじゃく。
 あんなに高い枝にもとまっているなんて、やっぱり鳥なんだな。
 それにしても、いくら求愛のためだといって、くじゃくのあの美しさって、どうみても、不必要というか、過剰というか。だいたい、威嚇でも羽を広げるけれど、ちゃんと相手は怖がるものなんだろーか。むしろ、寄ってきそうな気が。
 「お~、やっぱり雄はかっこいいなぁ。それに比べて雌はどこ?」
 などとオットが言うのに、微妙にムっとして、温泉へ先を急ぐことにする。

 温泉は、国民宿舎くじゃく荘、のなかにある。
 泉質はナトリウム・カルシウム・塩化物泉。うむ、しょっぱい。
 露天は、半島の先にある上層階のためか、とんでもない強風。
 夕日が美しいと評判なのだが、その前は、まぶしくて、海を直視できない。
 それでも遠くにドムトールンは見える。
 露天に居合わせたひとと、温泉博士で湯めぐりトークで盛りあがったんだが、
 彼女は、ここのお湯はなかなか良く、かつ露天はぬるいので、2時間はいけるという。
 さすがだ。

 a0015110_23195669.jpg
 この、くじゃく荘の隣に、現在、新規で温泉施設を建造中。
 見た目はなかなか期待大なかんじ。
 4月オープン予定。
 温泉博士のかの人は、
 「入場料は、500円までね。それ以上は、温泉博士に載ってから」
 だって(笑)。
 いやあ、でもワカルワカル。 

 今月号は、世知原温泉「山暖簾」と武雄が載ってるそうな。また2冊ゲットか?
[PR]
by epsom | 2005-02-16 23:22 | 長崎・佐世保観光情報