ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

黒髪の里 道の駅 山内

 クルマででかけると、とりあえず地図をみながら道の駅に寄る。
 休憩というよりもむしろ、その地方の特産品や、最近は食に力をいれて名物を提供していたりするので、それがおめあて。

 (ちゅーことで、また食べネタがはじまるわけだが・・・・)

 ただいまのお気に入りな道の駅は、山内黒髪の里
 ここで取り扱う、町内産の野菜や、ベーコン、特産の黒米をつかったパンは実に美味しい。
 すぐに売切れてしまうので、午後にいってもスカスカな店内になっているのだが。

 で、ここに、いままで食べたバイキングでベスト3に入る店がオープンした。

 (しかも、連続してまたバイキングを食べてきたのかよ!)

 野のもてなし料理“なな菜
 地元の朝採り野菜で作った和食。 
 つまりは流行りの農村レストランなんだが、その野菜の力強さが最大限に生かされて、味付けはあっさりなのに、滋味がある。
 こんなにおいしい「白和え」、はじめてだよ(ホロリ)。
 またちょっと目新しいメニューが多いのも特徴で、
 たとえば、「黒大根のおさしみ」、「黒米ちらし寿し」など。
 「手作りさしみこんにゃく」、とくれば、地元のおばあさんがせっせと作ったのかなあ、などと、勝手な田舎ドリームをふくらませて、幸せに箸をつけたくなる。
 「小松菜とりんごのジュース」なんて、すりおろしりんごの甘みが濃厚で、1歳児のムスメもおかわりを欲しがる欲しがる。いままでずっとりんごをなぜか嫌がってたのになあ。
 
 地元の窯元でつくった白い器もオサレ。
 料理はちょっとずつ品良く盛られ、頻繁に、「○○できあがりました~」と登場するのが良い。

 肉大好きなオットが、このほぼ肉無しメニューのバイキングでも満足したのは、
 ひとえに味のレベルの高さだろう。
 季節とともにメニューが変わるごとに再訪しよう。
 周囲の友達にも強力にオススメ中。

 店内は撮影禁止なため、本日のブログは写真ナシでし。

 ☆大人 1200円 時間制限ナシ
  11:00~16:00まで(15:00オーダーストップ)
 
[PR]
by epsom | 2005-04-04 23:43 | 食べる!