ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

早岐茶市

 去年はいったいドコでやってるのかいまひとつ分からなかった、早岐茶市
 で、今年。
 佐世保では園庭開放している保育園が多くあり、
 朝から暇だったので、1歳児を連れて遊びに行っていた。
 しばらくすると、散歩しに行くという。
 センセー、どこ行くの~?と3歳児の園児が聞くと、「茶市よー」と。
 
 ちなみに茶市とは、安土桃山時代から続く、お茶の販売だけでなく、野菜、苗、食料品などなど、雑多な屋台が並ぶ活気のある市場。
 この日も早岐周辺は交通渋滞で、
約20万人の人出が が見込まれる
 それは混雑しそうな場所なわけで。

 そこへ、どういう行動するのか不明な1歳児の群れが、本当に突入するわけ!?

 先頭に保育士さん。
 園庭でまず、
 綱引きのような綱に、電車のつり革が複数くくりつけられている代物に、
 1歳児たちがしっかりと握っている。
 最後尾にも保育士さん。
 ムスメは、なんのことやらと、とりあえず参加している。
 
 その綱で、電車ごっこのように1歳児たちが細い道、怪しげな橋を渡って、路地につっこむと、
 いきなり川沿いに青いテントの群れが見える。

 「さあ、雑踏に入りますよ~♪」
a0015110_22211985.jpg

 「可愛か~~(*^o^*)!!!」
 と、出店のみならず、買い物客からも注目の的に。
 信じられん。
 1歳児たちが誰もチョロチョロすることなく、
 この混雑のなかを進んでは、時折、
 「はーい、こんにちは、しましょうね~♪」 
 「お~☆♪×%ち$~!!!」
 と宇宙語まじりで手をふったり、愛想を振りまいてる。
 
 ちなみにうちのムスメは保育園から一歩もでないうちから、抱っこをせがみ、歩かなかった。
 保育園児って、すごいなーと、時折お世話になるたびに感心するのだが、
 先生は、「何度も何度も言い聞かせて・・・」と
 日ごろの努力がモノをいうことを教わる。

 茶市の風に吹かれると、風邪をひかないという。
 今年は風邪をひきまくったので、ご利益ありますように。
[PR]
by epsom | 2005-05-19 22:31 | 長崎・佐世保観光情報