ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ようこそ薔薇の庭園へ

a0015110_23460.jpg
 いま行くべきなのは、パレスハウステンボス前にある、薔薇の庭園。

てか、絶対に。

 きょう見たら、フリースラントのポピーがキレーに消失していた。
 ハウステンボスってけっこうマメに花の植え替えをしてるよな。盛りを過ぎたらもうオシマイ。名残りなし。

常に見ごろオンリー。

 で。この薔薇の庭園、「プリンセス・ガーデン」と名づけられている。その理由は、皇后さまやエリザベス女王にダイアナ元妃などの名がつけられた薔薇の品種が植えられているから。写真は、「プリンセス・マサコ」。愛子さまの薔薇はまだ花を咲かせていなかった。真打は最後ってか。

 薔薇の庭園といえば、わたしのなかで世界一は、ロンドンのリージェンツ・パーク内にあるクイーンメアリー’s ガーデン。あれはすごい。思わず、「アンソニー!!」と叫んだね。いや、分かるひとだけ分かればいいんだけど。あまりの美しさに息をのむとはこのことか、ってかんじ。ラリラリ~と、あの場にいるだけで酔えるのだ。

 ハウステンボスの薔薇の庭園も、バラの香りが来るものをまとう。

 イギリスの薔薇って、夏のあいだ、えんえんと咲いてるんだけど、ここのはいつまで持つのかな。盛りは6月までだと思うんだけど。

 ともあれ、ハウステンボスのなかでもいちばん奥に位置し、しかもひっそり片隅に入り口があるので、まるで秘密の花園だ。どうぞお忘れなく。
[PR]
by epsom | 2004-05-14 23:47 | ハウステンボス