ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

シュークリーム

 ハウステンボス駅の駅員さんは、ハウステンボスJR全日空ホテルのヒトである。
 そう、全国でも珍しい、ホテルが運営している駅なのだ。
 しかも駅長以外、全員、ホテルライクな物腰のやわらかい女性。
 列車が到着すると、改札口からなんども、
 「ありがとうございました!」
 との挨拶がホームまで響き、丁寧に笑顔で切符を受け取ってくれる。
 いくらJRが民営化されて久しいとはいえ、ハウステンボス駅の接客はレベルが違う。

 ただこの駅の惜しいところは、エレベーターがないことだ。 
 自宅の最寄り駅はハウステンボス駅なわけだが、わたしの場合、コドモとベビーカーと荷物をもっているため、駅の狭くて急な階段は怖く、当初はバスをよく利用していた。
 が、駅員さんに手伝っていただけることが分かり、JRも併用することに。
 なんせホテルのスタッフなので、ベビカを持ってると見るやすぐに笑顔で「お持ちします」と、まるで部屋まで荷物を届けるように、プラットホームまで運んでくださる。
 ハウステンボスに列車で到着されるベビーカー持ちのかたは、遠慮なく身障者用の駅員呼び出しボタンを押してくださいね、といわれたので、ご参考までに。
 まだあんよが上手でないコドモとベビカと荷物を同時に、あの急な階段をのぼるのは危険だと思うし。

 売店は、全日空ホテルメイドの「駅限定」ケーキを売っている。
 美味しいと特に評判なのが、コレ。
 
a0015110_2131034.jpg

 シュークリームのシュー棒と、チョコクリームのチョコ棒。
 前者はバニラビーンズがきいていていかにもホテルのパティシエなお味。
 チョコ棒も甘すぎず、でもチョコ好きのココロをくすぐるおいしさ。
 列車に持ち込むもよし、宿でのお楽しみにするもよし、おみやげにもよし、デス。
 
[PR]
by epsom | 2006-03-07 21:37 | ハウステンボス