ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

新ニュースタッド@子どものために

a0015110_161337.jpg

 この夏、ハウステンボスは子どものために新しくなる。 
 特にワタシのような子連れ組には、夏の新施設の豊富さに期待が高いハズ。
 写真は歩道を一部バリアフリー化したところ。
 別に毎日ベビーカーで歩いていたワタシとしては、レンガの道つかえば石畳のデコボコは気にならなかったケドねぇ。。。

 さて、去年はポップアップスクエア@アレキサンダー広場に水着で連日通ってたが、今年はウォーターラビリンス、ミストプールとさらに2種類追加されるとあって、ヒジョーに楽しみ。

 真夏と厳寒期、子どもを持つ親としての行き先は、ミッフィーの遊び場@ナインチェが定番。
 だが小学生以上はアトラクションも楽しめるとはいえ、カラダも思いっきり動かしたいだろうし、新施設のキンダージムは楽しめそう。
 資料写真を見たところ、、、おお、これは、横浜みなとみらいのボーネルンドじゃないか?
 ボーネルンド あそびのせかい 
 入場料が別途必要なので、今後ワタシの財布はタイヘンなことになりそうだが・・・・。
 せめて60分500円というところに設定してほしかったが。。。。

 今後のHTBに要望したいことは、ハウステンボス内に託児所を作ってほしい。
 ハウステンボスはエリタージュをはじめとして優雅な雰囲気なレストランも多いが子連れで行くには気がひける。ここはリゾート地なのだし、安心してこどもを預けてホッと一息つける環境を用意すればさらに良いのではないか。
 ウチの場合は佐世保市民なので、近所の保育園に一時保育で預けて、エリタージュでランチなんてのも可能なわけだが、旅行でみえる家族連れには利用できないわけだし。
 さらにいえば、レストラン内に子どもが遊べるスペースがあり、それを囲むように大人が食事できるようテーブルを配置する家族連れ向きレストランもぜひ作ってほしい。佐世保にはそのようなところがないし、潜在需要があるはず。

 ともあれ、7月22日、大変身の夏を楽しみにしている。
[PR]
by epsom | 2006-07-08 16:37 | ハウステンボス