ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

歴代1位のあんぱん@有田

a0015110_235748.jpg
 案外、磁器の町・有田というところは、見所がいっぱいあり、回りきれない。
 ので、何度行っても、お楽しみがまだまだ残っている。
 ハウステンボスからはクルマで30分ほどと近いため、どこかちょこっと行きたい、という気分のときにちょうど良い距離。

 ちなみにハウステンボスから有田観光をして長崎空港へ至る定期バスもでていて、料金は2千円と手ごろなので、利用価値アリ。


 で、今回は、チャイナ・オン・ザ・パークへ。
 宮内庁御用達の深川製磁が作ったテーマパーク・・・というか、ショップというか、工場というか。
 陶器市なみに安いアウトレット商品もたくさんあって、あの喧騒のなかで買うよりは、ここでゆっくり見るのもいいかも。
 と、思いながら店内を巡回したけれど、ワタシ、深川製磁で好き!というデザインのシリーズはもうひととおり入手済みだった。
 そのかわり、ここのオリジナルのドレッシングが販売されていたので買ってみる。(ロックフォールチーズのドレッシングが特に温野菜に合い、とても美味だった。)

 まあ、陶器市は安いけれど、有田はこのほか、有田陶磁の里プラザとか、ふだんから3~4割引きで買える場所があるから、あせることはない。
 とはいえ、いつもの有田の町というのは、ひとけが少なく、通りの店も入り口が閉ざされ、店主は奥に隠れていて、なんというか、超入りにくい。いやー、有田の店って、陶器市期間中の1週間に1年の売り上げの半分以上はあがっているんじゃないか?


 帰りにパンを買おうと、最初は、ポーセリンパークに寄ろうと思ったけれど、途中で看板をみつけて、創ギャラリー おおたにUターン。
 「無農薬国産小麦粉、ミネラル水、天然塩、有精卵、ミネラル糖など素材にこだわって焼きました。」とのことで、いいかんじ。何種類かおみやげに買ってみたけれど、特にあんぱんが美味しかった!ふわふわのパンに、やさしい甘みの餡。あんぱん好きなんで、見つけるとどこでも必ず買うんだけど、ここのは歴代1位をつけてもいい!

 また九州でお気に入りを見つけちゃった。
[PR]
by epsom | 2004-06-19 23:59 | S.A.G.Aトラベル