ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:ハウステンボス( 112 )

チューリップ祭はじまる

a0015110_10534876.jpg


 チューリップ祭、はじまりました!
 初日と翌日の週末は、好天に恵まれ、初夏のような暖かさのもと、チューリップは一気に満開。
 こりゃ、植え替えのペースが上がりそう・・・・。
 そして3日めのきょうは、春の嵐。
 チューリップにはツライ日になりそう。
 
 桜といいチューリップといい、美しく咲くのを邪魔するような春の強風がうらめしい・・・。
 
 今年のチューリップ祭は一段と気合がはいっていて、すでにパレスのほうも満開ですよ。
[PR]
by epsom | 2007-03-05 10:59 | ハウステンボス

プレ・チューリップ祭

 ある日、お散歩にいくと・・・・
a0015110_15192137.jpg

 お、キンデルダイク変身中?
 いまの時期だとひょっとして・・・・。
a0015110_15202025.jpg

 やっぱり!チューリップだ!
 チューリップ祭は3月3日からだけど、例年、徐々に場内がチューリップ祭に変わっていくさまが楽しいのがいまの季節。
 チューリップ祭が本格的にはじまるとにぎやかになって、かえって写真も撮りづらくなってくるので、いまがチャンス、かも。
 
 いまのところ、いちばん可愛いな~と思うチューリップはコレ。
a0015110_15253587.jpg

 なんせ多種類のチューリップが咲くので、お気に入りを探す楽しみもある。

 さて、ここのところ更新が滞りがちだったこのブログ。
 チューリップ祭り終了のころには更新が完全に止まります。。。
 コメント不可でしばらく残しておきますが。。。
 残り少ないですが、もうしばしお付き合いくださいませ。
[PR]
by epsom | 2007-02-23 15:28 | ハウステンボス

グレイスクラブ

 遅ればせながら、やっとリニューアルしたハウステンボス ジェイアール全日空ホテルの天然温泉「琴乃湯」でしっぽり。
 このあたりでは珍しい鉄分豊富な源泉100%の湯は、有馬温泉を彷彿させる良泉。
 以前は、早くお湯からあがってほしいのかと邪推するほど、熱い湯だったものの、湯温を下げた模様で、長湯できた。内風呂に坪庭ができて、石がゴロゴロしているのでムスメ大喜び(笑)。さらに冬場の露天はやはり嬉しい。
 ムスメはこのところ長風呂で、ヒマを持て余したオットはひらがなを教え、就園前の3歳にして、すでにひらがなをほぼすべて読めるほど。この日も、なかなか出たがらないムスメをなだめつつ、新設のラウンジを見学。グレイスクラブの会員特典が利用できないと聞き、そそくさとカスケイドで生ビール。
 
 で、本題。
 ハウステンボス ジェイアール全日空ホテルでは、あまり知られていないが、ものすごーくお得な会員組織がある。
 グレイスクラブがそれで、通常1回1600円の琴乃湯が4回無料、1階のカスケイド&スカイラウンジ「アストラル」でのドリンク券(コーヒー・ジュースのみならずアルコールもOK)が年間24枚、さらにバースデープレゼントのレストラン夕食券3千円分など、いろいろ盛りだくさんで、年会費5千円ポッキリ!
 ハウステンボス常連なら、入らにゃソンソンな、超お得な会なのだ。
 資格は18歳以上の女性。
 申し込み締め切りは1月31日まで。
 ひょっとしたらもう定員埋まってるかも・・・・・。
 
 問い合わせ先 グレイスクラブ事務局 0956-58-7111
 
 
[PR]
by epsom | 2007-01-23 22:23 | ハウステンボス
 昨日は、「ですよ。」、
 きょうは、「やっくん」見たさに行ったワケですが・・・・。

 昨日はミゾレまじりの寒さも、
 それなら場所はユトレヒトプラザになるだろうと踏んで、おでかけ。
 予想通りで、中国雑技団(←毎年、必見!)も見られたらし、席に座ってゆったりと。
 それでもユトレヒトプラザは満員で立ち見も大勢。
 みんな、芸をみて笑いに来たというより、
 ですよ。が、
 「あ~い、とぅいまてぇ~ん!」と例のアレをやった瞬間、 
 「・・・おぉ・・・・!」
 と、どよめき。


 殆ど、ですよ。鑑賞会・・・


 そして本日の「桜塚やっくん」。
 エンタの神様一番人気だし、人も多いだろうとは思いましたが、
 アレキサンダー広場、始まって以来の群集だったのではないでしょーか・・・。
 あまりの人でやっくんをチラ見しかできず、「見えな~い」と困惑するムスメを
必死で肩車して疲れ果てました・・・。
 アンパンマンのネタ、ちゃんと聞いてみたかったけれど。
 せめてユトレヒトプラザならどんなにはじっこでも音響はしっかりしているから聞こえると不満を持つも、なんでも、ユトレヒトプラザは満員で1200名収容、
 しかし本日は、な、なんと、

 3000人以上集まったとか。

 つまりユトレヒトプラザでは収容しきれず、溢れた人々から怒号があったかもしれず、アレキサンダー広場で正解だったのだろうけど、それにしても予想外の集客に、HTBもビックリしていたようで。お笑い劇場をみるのは今年で3回だけど、確かにきょうは例外中の例外なのかも。

 明日のメインは「ヒライケンジ」ですが、あのボードが見える範囲は限られると思われ、どうなることやら、やっぱり観にいきます(笑)。
 


 

 

 
[PR]
by epsom | 2007-01-07 17:05 | ハウステンボス
 大晦日は、ハウステンボスでもっとも暖かい場所にいました。
 
 どこかといえば・・・






 ウェルネスセンター。

 実は、はじめて行ったわけですが。。。

 広いプールの他に、ジャグジーもあちこちにあり、のんびり、ゆったり。
 このテの施設はドイツのバーデン・バーデンにあるスパ施設を模していることが多いですが、おそらくここも?バーデン・バーデンのスパは行ったことあるけど、ハウステンボスのは流水プールもあってそれなりに泳げるので、好印象。ドイツのスパは水温低くて寒かったけど、ウェルネスセンターは35度と高めのジャグジーもあるし、ぬくもれるわ~。

 で、一年でもっとも混雑するハウステンボスですが・・・・・・、


場内でもっとも喧騒に無縁。

 外は人・人・人で混雑していて、寒さをどうやり過ごして花火を待とうかという態勢だというのに、こ~んな暖かくって、リラックスできるこの特別な場所が、こんなに空いているなんて~。
 思うに、子連れだと、カフェで長時間過ごして寒さをしのぐ手段は難しいわけで、カラダを思いっきり動かせるウェルネスセンターが、冬は最高なのではないかと。
 オットは、デッキで読書して過ごしてマシタ。
 
 知らなかったが、ウェルネスセンターは見学席もあるので、散歩ルートに加えるのもオススメ。

 しかし、なんと1月3日まで。冬季は休業とのこと。
 あらら。


 
[PR]
by epsom | 2007-01-01 22:07 | ハウステンボス
 あっとゆーまにワイン祭が終わり、ハウステンボスはもうクリスマスの飾りつけ真っ最中。
 サンテミリオンについて書こうと思っていたのに、時期を逸してしまった・・・。
 ま、要は、ワインを知りたくてフランス・ボルドーでだらだら数週間ホームステイして、シャトー巡りをしたという話です。以上。
 
a0015110_11191073.jpg

 秋のイチオシは、ホテルヨーロッパのアフタヌーンティー。 
 シェヘラザードで、至高のお菓子やサンドウィッチそれに紅茶が、なんと食べ放題&飲み放題(笑)。
 もちろんハウステンボス一の格式ホテル、バイキングではなく、軽く合図すれば恭しくテーブルサービスしてくれる。焼きたてスコーンには、しっかりとクロテッドクリームである点が評価高い。イギリスではティーハウスのスコーンといえば、コレ。日本ではあまり見かけないが、生クリームをもっと濃厚にしたかんじ。といってもスコーンって、なぜか日本とイギリスはだいぶ違うんだけど、日本のお菓子らしいスコーンが好き。(イギリスのはパンに近い)
 去年はケーキ類が私には甘すぎて途中でギブアップしたが、今年は程よい感じ。クレームブリュレが今年いちばんの美味。
 このホテルヨーロッパのアフタヌーンティーは優雅な雰囲気とお味、内容ととてもオススメ。
 一年に一度っきり。ぜひ。
 
 11/30(土・日・祝のみ)
    ※11/11(土)は店休
【時 間】12:00~16:00
【料 金】2,625円(サービス料別)
【場 所】ホテルヨーロッパ・シェヘラザード
【予約先】ハウステンボスホテルズ 0956-58-1111
 
 
 
[PR]
by epsom | 2006-10-30 11:21 | ハウステンボス
a0015110_1738143.jpg

 秋の訪れを感じるとき、それは「サンヴァンサン祭」の始まり。
 100種類のワインを好きなだけテイスティングできる、至福のワイン祭。
 毎日来られるワタシは、もちろん、ゴールドタートヴァンの権利を購入(笑)。
 酔う前に特選ワインを味わっておこうかと、ディオニソスへ。
 1番から順番に10番まで一気飲み。・・・あっという間に酩酊・・・・。
 飲みすぎると、高揚感から一気に疲労感のほうが強くなってきてしまう。毎日来られるんだから、ムリにゴールドの権利10種類制覇しなくても、とは思いつつ、やはりゴールドのワインというのは、香りが飛びぬけて素晴らしく、次は?次は?と期待が高まり続けてしまう。
 個人的には4番のボルドー・サンテミリオンの赤が今回の一位。
 ま、ふだんでも、ワインリストみたら、サンテミリオンを選ぶほど、好きなんだけど。
 その理由は、ワイン祭中に書きます。

 a0015110_17515994.jpg


 今回は、このようにワイングラスがもらえて、それでテイスティングする。紙コップ大量廃棄より環境に良いし、ワインも美味しく感じるし、いいアイディア。
 ひたすら飲むより、せっかくハウステンボスにいるのだから、チーズも買っていっしょに飲むと、さらに美味なり。

 
 ところで、「サンヴァンサン祭」のハウステンボス公式サイトのページを見ていて驚いたのだが、、、


エリタージュ「フランス銘醸ワインセレクション」
黄金の丘銘醸ワイン・オプションプラン(限定2組)

【料 金】800,000円(サービス料込)

 この料金って、誤植じゃなくて!?本当に本当なの!!???
 
 
[PR]
by epsom | 2006-10-08 17:54 | ハウステンボス

テレビ

 テレビ放送のデジタル化なんて、我が家にとってはまだ先のことだと考えていた。
 そもそもあまりテレビ見ないし、2011年にテレビを買い替えればいいやと。
 
 それがいきなり、突然、差し迫った問題に。
 
 ワッセナーのテレビはハウステンボスの共同アンテナで受信したものが配信され、場内ホテルと同等のハウステンボス独自番組も家庭で見られる。
 で、ハウステンボスは地デジ対応するため、佐世保ケーブルテレビジョンと業務提携することに。
 つまり、11月からハウステンボス場内ホテルおよびワッセナーのテレビは、一挙50ch(独自番組含む)になるのだ!

 もちろんワッセナーの場合は各戸でケーブルテレビ月額2520円必要となる。
 ウチのような定住はいいとして、めったにこない大部分の別荘族にとっては新たな維持費負担が増えるなんてお気の毒・・・・などという主婦目線なことはウチ以外のワッセナー住人には気にならないのだろうなぁ~~。
 
 この件のオソロシイところは、ケーブルテレビに加入しなければ、ワッセナーではテレビが一切映らなくなるということ。おおもとのハウステンボスからの配信がなくなるから。事実上、いきなりのデジタル化強制宣言。
 ハウステンボスは電線をすべて地中化しているが、ワッセナーももちろん景観維持のために家にはアンテナがたっていないのだ。(どのみち難視聴地域らしいが。)

 いきなり50chなんて、テレビのリモコンに設定できないし、どうなるの?という疑問も残るものの、テレビ佐世保のサイトでどんなチャンネルが放映されているのかチェックしていると、思いもよらない大幸運が判明・・・・・!

 (このブログ見ているかたには、ど~でもいいですよ~な話だろうけど、と前置き)

 長崎県(のみならず大部分の地方なんだけど)では放映予定がなく、悶死しそうだった秋の新アニメ番組、


 DEATH NOTEが観られる・・・!


 佐世保CATVでは、福岡放送を配信しているからだ。
 これだけ話題なのに全国でもごく限られた放送局しか放映しない理由は、ドコモで配信するからといったオトナの思惑が絡んでいる模様。
 全国のデスノファンのみなさ~ん、ハウステンボスでは、観られますよ~。
 10月23日月曜日の25時26分からですよ~・・・・って、ハウステンボスに泊まるひとがこの時間まで起きているものなのかは疑問だが。
 
[PR]
by epsom | 2006-10-01 21:44 | ハウステンボス

ボーダーコスモス

 アートガーデンのコスモス畑が、見ごろを迎えてマス。

 
a0015110_18455897.jpg


 淡いピンクのコスモスは川岸でよくみかけるけれど、この鮮烈なピンクの美しさや、縁取りのはいったコスモスなどは珍しい。
 春に種をまいたものがスクスクと、いつのまにかこの高さにまで成長していた。
 去年はひたすら一面にコスモス畑、だったのだけれど、今年は狭いながらも通路がある。
 主に手入れ用だが、もちろん写真撮影用に立ち入りもOKとのこと。
 コスモスの前で撮るよりは、ちょっとだけ中に入って、花を手前にいれたショットのほうが綺麗な記念写真が撮れるのでお試しのほどを。
 わたしはなぜかよく写真を頼まれるのだが(やはりヒマそうなのがにじみ出ているのか?)、モデルさんの立ち位置も指示する。てか、きょうもした。
 喜ばれているのか、困らせているのか、再考しよう・・・・・。

 a0015110_18583978.jpg
 ←きょうはワッセナーのご近所さんが、アップルパイを焼いてくださり、いっしょにハウステンボスを散歩したあと、出国口のピクニックエリアでお茶にした。
 あまりあそこでお弁当を広げるひとをみかけないが、こんなふうにお茶するには絶好の季節かと。
[PR]
by epsom | 2006-09-30 19:01 | ハウステンボス
a0015110_2144142.jpg

 夕食を早めにして、夜7時30分からの「港の夜想会」まで散歩。
 ハウステンボスも夜はもうカーディガンが必要な秋の涼しさ。
 港町、帆船デ リーフデ号の前。
 ドムトールンのライトアップに、海からの潮風、夜のハウステンボスは表情がどこか幻想的。
 弦楽器とソプラノ歌手の美しい調べは、この場所だからこそのゆったりとした心地よさがある。
 む~。夜はあまり出歩かないのだが、これはイイ。なんと素敵な時間なんだろう。

 今夜のラストは、大好きなサラ・ブライトマンの「Time to say good bye」で感激。
 なるほど、考えてみれば、この曲は実に、この場所にピッタリ合っている。
 
 船出とともに、愛するひとと別れる歌だからだ。
 ちなみに歌詞はコチラにあったのでご参考までに。
 
[PR]
by epsom | 2006-09-27 22:02 | ハウステンボス