ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ハウステンボス( 112 )

 現在、ハウステンボスは休業中。

 ・・・と書くと、ああ、やっぱりついに・・・と誤解をうむかもしれないので、「気計器及び変成器(VCT)の変換のため」とちゃんとつけたしておこう。。。
 で、場内ホテルは10日(火)~12日(木)の3日間宿泊客はいない。
 宿泊客がいないことはどれくらい影響を及ぼすのだろうと昨日ハウステンボスで食事した感じでは・・・・まあ、思ったよりお客さんは少なくないような、いつもと変わらないような・・・(微妙)。花火もちゃんと上がったしね。
 きょうは休業日なんだが、ドムトールンは夜もちゃんとキラキラ冬物語をやってました。いつもよりは早く消えたが。
 家からは夜空に輝くドムトールンを隣に感じるほどなので、照明が消えたあの塔をみるのは、なんだか寂しい。
 
 そしてワッセナーから見えるもうひとつの建物、オランダ・アムステルダム駅を模した・・・そう、ハウステンボスJR全日空ホテル。なんとあそこは、休業していない!しかし客室の明かりはさすがにほとんど灯っていない・・・。・・・だよなあ・・・。

 休業中のかわりというわけではないが、きょうは佐世保バーガー中、いちばん人気を誇る「ヒカリ」および、佐世保の隠れた名物サンドウィッチ「ロン・サンド」へ。
 a0015110_23245327.jpg
 ←ロン・サンドは、甘めのマヨネーズが売り・・・とのことなんだけど、わたしが求めていたのは、ムスメが入院中、病院の売店で販売していて、あまりの美味に毎日ハマリ食いしていた、あのサンドウィッチだったのに、どうもコレではないような。むう。今度、病院の売店へ行って確かめてみよう。(ちなみに玉屋のサンドウィッチでもないっす)
 
 ところでヒカリでの出来事。
 お客さんが、このように注文していて、ある意味、感動した台詞。

 「佐世保バーガー、ください!」

 と。

 ・・・・・・。

 ・・・・なるほどなあ・・・・・。

 よく県外のひとから、「佐世保バーガーってどこにあるの?」と質問され、戸惑う佐世保っ子がいるとは聞くが、このパターンは初めて!それもアリだよなあ。
 
 ヒカリのおねえさんは、「佐世保バーガーというのは、佐世保にある手作りハンバーガー屋さんの総称で・・・」と丁寧に説明されていた。
 えーと、佐世保以外のみなさま、そういうことですので。ひとつヨロシク。
[PR]
by epsom | 2006-01-11 23:58 | ハウステンボス

初笑いコロッセウム

 最高気温は9℃あるんだし、新聞一面で寒波で大雪の恐れ・・・と書かれていても、佐世保はたいして降らなかったりするし、ガマンせねばと思うけれど・・・元気な2歳児を家に閉じ込めると親のわたしがストレスをこうむる結果になるので、きょうも日々、ハウステンボスへ。
 とはいえ、ワッセナーは、自宅前からハウステンボス中心部まで送迎サービスがあるんだけどネ・・・・。
 
 この3日間はお笑いライブを開催中なので、それが楽しみ。
 いちばんオモシロかったのは、意外なことに井上マー。
 しっかりネタつくってから来いよ!といいたくなったPOISON GIRL BAND(期待してたのに)
 きょうのお楽しみはタカアンドトシ、それにかつさゆに癒されたいわぁ・・・。

 モーレンのスクラッチで500円食事券をいっぱい当てたんだが、期限が来月であることを知り、散歩のついでに、おやつ。
 
a0015110_14523227.jpg

 悟空は、皿うどんのほうが好き。

 
 
[PR]
by epsom | 2006-01-09 14:54 | ハウステンボス
 あけましておめでとうございます。

 今年の元旦、午後から全日空ホテルでの獅子舞、餅つきなどをみてお正月気分を盛り上げてから、ハウステンボスへ。
 お楽しみは福袋~♪
 狙いはチーズ福袋なんだけど、去年はチーズ農家で買ったことだし、今年はマルシェ・ド・パラディ内のフロマージュ ダンジュ
 行ってみたら、もう最後のひとつ。
 ほかの店の福袋は中身公開してるのに、コレだけは非公開。
 ちうことで、気になる中身を大公開~~。
a0015110_19334991.jpg

 ヨーロピアンチーズ6種類と、チーズナイフ、ボンヌママンのコンポートなど。。
 これで3千円なり。
 でも、このお店、1300円くらいでいろいろな種類のチーズをちょっとずつ楽しめるセットが、ふだんから発売されているので、それのほうがいいかも・・・・。

 問題はコンポートは苦手なルバーブにあたってしまったことだ。。。
 イギリスに住んでいたとき、カラダにいいとルバーブパイを何回か食べたが・・・健康について先に語るものって、たいてい微妙な味なんだよな。
 
 とっておきの赤ワインをあけて、新年最初のブログでした。
 今年もよろしくお願いします☆
 
[PR]
by epsom | 2006-01-01 19:38 | ハウステンボス
a0015110_23102630.jpg 秋の薔薇も見ごろはそろそろオシマイだけど、まだ香りたつ咲き方をみせている。

 a0015110_23114182.jpg










 春とはまた表情が違うのが、おもしろい。

 
a0015110_23121586.jpg

[PR]
by epsom | 2005-11-26 23:13 | ハウステンボス
a0015110_0193741.jpg
 遅ればせながら、行ってきました、アフタヌーンティー
 なかなかひとりでは行けないが、関西から友人が泊まりにきてくれたんで。
 ホテルヨーロッパのシェヘラザードで、予約制。11月までの週末のみ。
 もちろん昼食を兼ねて12時に。
 子連れOKとのことだが、幸いムスメはアンティークなふかふかソファに眠ってくれ、優雅に愉しめた。
 
 なんといってもクロテッドクリームが美味。日本ではあまりみかけないが、スコーンといえばやっぱりコレ(まあ、本場イギリスのスコーンは、日本のようなお菓子というよりパンに近いが・・・)。
 一般には生クリームでごまかされることが多いぶん、きっちり提供してくれるのが嬉しい。
 しかもいくらでも追加してくれるし。
 このアフタヌーンティーは、おかわり自由なんだが、きちんとスタッフがタイミングを見計らって

テーブルのそばにひざまずき、

 注文をとってくれる。フィンガーサンドでもショートブレッドでも、好きな数だけ運んでくれる。この丁寧なシステムは良い。優雅度アップ。それにバイキングのように取りにいく方式だと、ついとりすぎてしまうしな。

 ・・・サンドウィッチだけで3回もおかわりをした我々には関係ないかもだが。

 a0015110_0402835.jpg
 ケーキは・・・・どうもワタシには甘すぎて、一口食べては悶絶。
 これは関東と九州の甘味に対する感覚の差異か、それともただ単に好みの違いなのか・・・?

 
 
[PR]
by epsom | 2005-11-24 00:43 | ハウステンボス

ライティングセレモニー

a0015110_2313531.jpg

 11月1日からはじまる、クリスマスのハウステンボス。
 そのライティングセレモニーのリハーサルに、たまたま遭遇。
 これ、去年も評判が良かったけれど、今年バージョンが、もっと素敵!
 バイオリンの生演奏、美しい歌声、そして鈴の音を響かせて遠くから馬車がやってくる演出・・・どれもその場にいることに幸福を感じられる。
 今年は光の宮殿で、月曜をのぞく毎晩7時からクリスマスコンサートも。なんとも楽しみ。

 ハウステンボスにたくさんある工夫をこらしたツリーを見て回るのも面白い。
 ちなみにヨーロッパでは伝統的に、クリスマスは12日間』(Twelve Nights)であり、クリスマスツリーを片付けるのは1月6日であることが多い。
  1月6日は、東方の三博士が生まれたばかりの幼子イエスのもとをお祝いに訪れた=世界にお披露目をした日(公現節)。

 ま、日本はお正月があるんで、そこまで待てないわけだが(笑)。

 
 
[PR]
by epsom | 2005-11-01 00:01 | ハウステンボス

キラキラ☆

 環境フェスタinハウステンボスや、三冠馬誕生の菊花賞inウインズ佐世保の影響で、本日のハウステンボスは約3万人の見込みだったそうで。これって、カウントダウンなみ!確かにたいへんにぎやかな場内で、喜ばしい限り。
 ワイン祭りも最終日、ディープインパクトの史上最強の走りに思わず感動のナミダのまま、祝杯!・・・・・現在、チョット頭痛・・・・。

 そしてなにげなく、ハウステンボスは、キラキラ☆が始まっています。
 クリスマスカード作りに、ぜひ☆
a0015110_22514116.jpg
 
[PR]
by epsom | 2005-10-23 22:53 | ハウステンボス

火事

 心配してここにもアクセスする方もいると思うので、いちおう詳報・・・。

 a0015110_2215988.jpg
 午後2時半ころ、遊びにきていた友達が窓の外を見て、「・・・・あれ?」。
 つられて見ると、ドムトールンの方向から黒い煙がモクモクと・・・見る間に黒煙がふくれあがり。やがて消防車のサイレンがいくつも聞こえるうちに、火の手が激しく上がり、時折、ゴウッと火柱がたちのぼる。
 この数日の強風にあおられ、火勢がつく。
 方々へ電話。
 場所は、迎賓館の奥、元・テニスコートが廃材置き場になったところが燃えているとのこと。
 意外に遠いし、ハウステンボスの通常のエリア外なので、ちょっと安心。
 そこならふつうはひとけがないはずで、けが人もでないのではないか。
 ハウステンボスヒルズの友人からの電話では、佐世保中の消防車が集まっているような騒ぎだのこと。
 15時すぎ、鎮火。 
 ハウステンボスの公式発表によると、「資材置場におかれていたアクリル製の水槽数十個と土手の一部が焼失しましたが、お客様並びに従業員に怪我等はございません。」とのこと。
 
 通常のハウステンボスのエリアにはまったく問題がないので、明日からもワイン祭を楽しもう。
 わたしには試飲は1日に7種類が限度で、もう酔ってしまう。
 なんとか全制覇したいところだが・・・。
 さすがにマルシェ・ド・パラディのワインが飛びぬけて美味しく、ここのところあそこに寄り道してしまうと、もう他には行けないのよね。
 今週末まで。
 
[PR]
by epsom | 2005-10-20 22:18 | ハウステンボス

王座戦@ハウステンボス

 ただいまハウステンボスで、第53期王座戦 五番勝負第3局が戦われている真っ最中。
  羽生善治王座 vs 佐藤康光棋聖
 という豪華な対局!
 ライブも見られます。→
 NIKKEI NET 将棋王国

 午後5時からドムトールンで大盤解説会あり。
 解説=深浦康市八段 ←佐世保出身
 聞き手=中井広恵女流六段 
 ゲスト=森下卓九段(立会人)
      島朗八段(観戦記担当) (NIKKEI NETより)

てか、ドムトールンに和室があったとは・・・。 対局室検分の写真特集

 懐石料理店「伊萬里」・・・、知らんかった。 
[PR]
by epsom | 2005-10-01 13:32 | ハウステンボス
 ごぶさたの更新。
 この1ヶ月、暇さえあればチクチク手仕事に新しくハマっておりました(^^ゞ。
 とはいえ遠方からの来客も続き、SMAPコンサートも行ったし、エリタージュや迎賓館にも特殊な状況のもとで訪れたし、長崎の美しい海、おいしい食べ物もいっぱい堪能したわけで。
 
 で、きょう、ひさびさに更新したのは、初日のアートガーデンをお伝えしたかったから!
 
a0015110_14484426.jpg

 いままで塀に阻まれ、なかに入れなかった、フリースラントの隣が、一挙に開放!
 それが100万本の花広場に生まれ変わった。
 実際に足を踏み入れてみると、その広さに圧倒。
 歩けど、進めど、まだ目線の遠く先まで花畑!
 多種類の花が咲き誇りながら、不思議な調和。
a0015110_1575715.jpg
 
 ハウステンボスは癒しの町。花のかぐわしさに、うっとり。
 この規模は、来てみないと、わからない。
 またもや大変身、というかんじで、ハウステンボス住人にも新鮮だった。
 ニューオープンのマルシェ・ド・パラディ(天国の市場)もすばらしく、さっそくお買い物。 
a0015110_14595477.jpg

 アートガーデン オープニングイベントのフラワーウェディング。
 ナポレオンの王冠のを田崎真珠が復元したもの。
 人前式の挙式。風船もいっしょに飛ばして、参列。新婦さん、キレイだったな~~。
 
 アートガーデン、ぜひとも体験せねば、です!
[PR]
by epsom | 2005-09-17 15:08 | ハウステンボス