ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:長崎・佐世保観光情報( 37 )

キラキラフェスタin SASEBO

 きらフェス最大のイベントに招かれた。
 日本一長いというアーケードを会場に、5000人が集まる大パーティー!
 ・・・だそうな。
 はてさて、いったい?
 
a0015110_06365.jpg
 イルミネーションのなかに、佐世保バーガーや屋台村、そして、仮装した人々でおおにぎわい。

 メリークリスマスの掛け声で乾杯。
 テーブルを見学していくだけでもオモシロイ。
 ヨサコイ参加の踊り連(っていうらしい)ブースは、気合が入った仮装。

 あるテーブルは、サンタクロースでそろえ、
 あるところは女装軍団、
 またあるところは、全員が、加トちゃんペになってたり・・・・。

 a0015110_0185049.jpg 主催者のおひとりが手を広げて、ニッコリとこうおっしゃった。
 
 「あ、このパーティーは、はじめてですか?
  どうです、いいでしょう、

 このばかばかしさ!


 そうそう、そういう楽しさだ。
 アーケードをまるごとパーティー会場にして、桜の花見の宴会状態というか。

 yosakoiも始まった。
 実際のYOSAKOIの期間はワタシは育児休暇チュウだったため見られなかったので、これがはじめて。
 
 
a0015110_0244323.jpg


 ハウステンボスの隣町、早岐(はいき)チームが踊っていた。
 なんとなく地元意識が芽生えつつ、コドモちゃんたちがかっこよく踊っていて、さらに応援。
 けっこう観ているだけでもオモシロイ。
 赤ちゃんも手足をバタバタさせて喜んでいたので、来年はちゃんと見よう。
 
 きらきらフェスタは26日まで。
 
[PR]
by epsom | 2004-12-08 23:59 | 長崎・佐世保観光情報
 この秋は、「お花」にハマっているワタシ。
 アカデミアフェスティバルで出会ってあまりの美しさにウットリした、プリザーブドフラワー。
 そこで見た作品たちが、また展示会を開催するので、お知らせ。

 トールペイント&プリザーブドフラワー ウインターフェア
 12月3日(金)4日(土) アルバ西沢 2Fギャラリー
 「トールペイント&プリザーブドはもちろん お菓子や
 その他雑貨の出展もあるので きっと楽しめますよ。」
 とのこと。
 
 詳しくは、コチラ。
 lilyrose http://www.geocities.jp/lilyrose_flower/
  
 ふだんハウステンボスで生活を完結させているワタシだが、
 ひっさしぶりに、ひとりで佐世保駅&四ヶ町(日本でも珍しいさびれていないアーケードなのだそうだ)へ行くつもり。

 佐世保っ子は、あのあたりへ行くときは、「町へ行く」というらしい。
 で、問題は、佐世保っ子同士の会話では、わたしが「四ヶ町アーケード」とのみ認識している場所を、どうも町名でアーケードの場所を区別しているらしい。

 どなたか、わかりやすくレクチャーしてください~。


 佐賀日帰り旅行の後編は、また次回。。。
 
[PR]
by epsom | 2004-12-02 22:53 | 長崎・佐世保観光情報

させぼ秋の花市

a0015110_2310972.jpg この秋のテーマは「花」なワタシ。

 花関係のレッスンを2種類、月イチでスタートさせたばかり。
 そのうちのひとつ、プリザーブドフラワーのアレンジメントを習った帰りに、佐世保駅の港側にある会場で開催中の、花市へ行ってみた。
 生花店のテントがズラリ18も。
 いまが盛りのコスモス、植え時のパンジーやビオラがまず目をひく。

 週末は、留学生による出店もあるそうで、どうやら水餃子だったらしい。
 
 a0015110_23184578.jpg

 こんな盆栽専門テントもあったりして、なんかアスファルトの上でもオサレに映えていたり。

 a0015110_23221088.jpg 
 良質な山土は無料でお持ち帰りできるので、せっせと土を持参の袋につめるひとの姿が絶えない。

 わたしのもうひとつの花関係レッスンは、押し花。
 ええ、ハウステンボス美術館で感動して、即、申し込みましたとも(早)。

 お教室のみなさんは、自宅の庭で育てた花を押しているようで、わたしももっといろいろ咲かせてみようかなあと思案中。
 土は良いのを使ったほうがいいですよ、とアドバイスを受ける。
 とりあえず、パンジーは育ててみよう。簡単だし。
 いまから植えたほうが、寒さに強くなるとか。

a0015110_23284297.jpg

 ぐるぐる歩き回ると、昨日のレッスン(これはスポーツ関係)の筋肉痛がこたえてきた。

 そして本日は、物色するだけで力尽きたのであった・・・・・。



 メモ・ させぼ秋の花市 ポートルネッサンス21計画地 24日まで 駐車場アリ。
[PR]
by epsom | 2004-10-14 23:32 | 長崎・佐世保観光情報

世知原温泉

a0015110_13194423.jpg世知原温泉へ行ってみた。2004年4月1日にオープンしたばかりのピッカピカな公共の宿、山暖簾(やまのれん)の日帰り温泉。入浴のみは500円(10:30~21:00)。ハウステンボスからはクルマで30分くらいなんだけど、公共の交通機関を使う場合は、佐世保駅前から西肥バスを使う。

 いかにも、黒川紀章デ~ス!!ってかんじのコンクリート打ちっぱなしの建物。
 
 この黒川紀章プロデュースの公共の温泉といえば、宝塚温泉を思い出す。


 
  斬新なんだろうが、なごめない。

オシャレなんだろうが、ツマラナイ。。

 そのくせ入館料も高く、駐車場も有料と、費用対効果にうるさい関西人には大不評で、あっというまに宝塚市のお荷物となり閉館となった。
 無機質きわまりないコンクリートの壁みながら湯につかっても落ち着けませんって。

 その反省が生かされているのか、随所に木が使われ、あたたかみがある。

 なんといっても、ナトリウム塩化物泉の源泉湯のヒノキ風呂がイイ!
 つかっていると、お湯のやわらかさのなかに肌もやわやわトロけていくかんじ。
 長崎の名湯である。

 公式HPには書かれていない情報としては、夕食は事前予約制とのこと。
 コレ知らなくて、当日行って、がっくり。
 仕方なく、長崎発祥のとんかつ店、浜勝で、鱧(はも)とヒレのかつ定食を食す。ここリンガーハット系列のチェーン店なんだけど、こだわりの食材で、とんかつチェーン店ではいちばん美味しいと思われる。

 次回は世知原温泉で食べようっと。
[PR]
by epsom | 2004-09-06 14:01 | 長崎・佐世保観光情報

三浦按針の家

a0015110_21531051.jpg

  平戸へ行ってみた。

  日本史の歴史の教科書にでてくるときは、「長崎・平戸」と書いてあるので、なんとなくイメージ的に「出島」と「平戸」ってとても近いような気がしていた。
  こんなに遠いとは。
  100キロくらい離れているんじゃないのかなあ。出島のあった長崎市と、平戸って。

  しかも、平戸って、離島、だよなあ。

  クルマでいくと、有料の橋を渡らなくてはならなかったのだけど、ってことはオカネを払わなければ、市外にでられないってことなのか?
  
  その「閉ざされている」風な感じが、旅情をかきたてられたりもする。

  中心部を歩いていると按針の館というのがある。
  オランダとの交易がはじまるきっかけとなる、漂着したオランダ船の航海長ウイリアム・アダムスこと、三浦按針。おお、ここはその家なのか~!!江戸時代の大きな梁、小さな庭の風情。いまは平戸市民の憩いの場となっているようで、碁盤が方々にある。

  こんなふうに歴史上の人物が住んでいた家を感じると、急に歴史が自分のなかに溶け込むような錯覚がある。
  うむ、この時代のオベンキョと観光を熱心なテーマのひとつにしよう。

  この錯覚のキョーレツな体験を思い出した。
  
  ちょうど、この南蛮貿易のころ。ポルトガルやスペインが日本にきたのはそもそもは、キリスト教の布教のため。で、最初に日本にきた宣教師といえば、そう、スペイン人のフランシスコ=ザビエル。鹿児島についた翌年には平戸にきて、熱心に布教開始した。

  ミッション系の中高に通っていたためかもしれないが、このあたりのキリスト教関係の歴史はしつこく習ったので、なんだかザビエルは重要な歴史上の人物という刷り込みがある。しかし後年、よもや、そんなことがあろうとは。


  そのザビエルに、会ったのだ。


  あ、別に怖い話とかではなく。
  
  いるんです。


  インドに。ザビエルのミイラが。


  しかも、ちっとも腐っていない。あれには本当にびっくりした。
  聖人ってホントにいるんだな、という敬虔な気持ちになるって、あれは!
  
  もとはポルトガル領だったインドのゴア。平戸のように教会も多い。
  そのなかの世界遺産に指定されたボム・ジェズ教会に、それはある。
  インド旅行はヒジョーに面白くて印象に残ることばかりだったが、そのなかでも特に驚いた。

  その後調べたところによると、ザビエルの右腕は切断され「聖腕」と呼ばれてローマに安置。その腕、日本にもきて、最近では1999年に九州を中心に巡回してたらしい。
 鹿児島では「ザビエルフェスタ」も開催されていた・・・・!!

 
a0015110_23271067.jpg



 行きたかった・・・・。
 
[PR]
by epsom | 2004-08-19 23:32 | 長崎・佐世保観光情報
佐世保ではじめてのカントリーフェアが、ハウステンボスJR全日空ホテルで開催。
 珍しいイベントなのに、あまり告知されていないんで、ここでご紹介しておこうかと。
 
 8月27日(金)、28日(土) 10:00~17:00
 ハウステンボスJR全日空ホテル カルチャールームにて。
 入場無料

 詳しくはこちら

 お馬の雑貨はないかなー♪ めったに見つけられないけど、もしや、と思って探しに行くのが楽しみなんだよね。
[PR]
by epsom | 2004-08-13 17:04 | 長崎・佐世保観光情報

映画69のロケ地

a0015110_165346.jpg
 あまりにも暑いので、弓張岳へいってみた。
 関西に住んでいたころは、涼みによく六甲山へ行っていたので、その感覚で。

 ぜんぜん涼めず。

 せめて展望がよければいいが、この日は写真のとおり、イマイチ。

 標高が低いのがいけなかったのかと、続けて、烏帽子岳に登ってみた。
 
 単なる広場だし。

 しかし、この広場、ホントはただの広場ではなく。
 「風と星の広場」とよばれ、いま、佐世保でもっとも力を宣伝されている映画、「69」のロケ地。草原の白馬という幻想的なシーンが撮影されたところ。

 この69は主演が妻夫木聡さんと安藤政信さん。村上龍原作で、青春を過ごした地・佐世保が舞台。観光協会がロケ地マップつきの69本を作成、無料配布しているので、佐世保へお越しの節は入手しちくり。

 映画は7月10日全国ロードショーなんで、まだ見たことはないんだが、その69本によると、「妻夫木くんが腰掛けた同じ岩の上で記念撮影すればハートはブラボー」だそうなんで、ぜひ、その岩を探してみようかと思いきや、広場では・・・・・。

 
 西海学園高校の駅伝部のみなさんが、この暑いのに練習されてるし。




 微妙に高地トレ?(な、わけがない)

まさにいま、彼らは青春を作っているんだなあ。
 怒声に追いたてられるように疾走している彼らのなかを、ハイごめんよと赤ん坊連れて岩探し、という気がおきるわけもなく、退散。そもそも、ここも暑かったしなあ。

 標高568mでは期待しすぎだったか。ちなみに六甲山は931m、山頂にはさまざまなショップやミュージアム、牧場があり、市街地と比べてグっと気温は下がる。すぐそばは日本最古泉の有馬温泉。

 村上龍氏といえば、ハウステンボスの迎賓館にあるフランス料理「エリタージュ」を絶賛していて、よく来ては、長逗留されるとか。
 迎賓館って、ハウステンボスのVIPしか宿泊できないんだけど、どんなところなのかなあ。エリタージュだけならビジターOKなので、そのうち行ってみてレポります。

 でもいまのところ、わたしは高級フレンチより、「牧のうどん」にハマっているので、いつになることやら・・・・・・。
[PR]
by epsom | 2004-06-25 16:55 | 長崎・佐世保観光情報