ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:S.A.G.Aトラベル( 14 )

 いまだに公式サイトでは載せていない謎のノリタケSHOP@伊万里。
 iさんから次回のセール日程を問い合わせられたので、久しぶりに直接行ってみた。
 このノリタケ工場にあるアウトレットショップはふだんからオープンしているものの、宣伝もしていないし、道路に看板があるわけでもない。知る人ぞ知る、こっそり秘密に営業しているような風情。  しかし内部は広く、商品はとても豊富。
 a0015110_205192.jpg
 地図はコチラ(→Map Fan)
 佐賀県伊万里市東山代町長浜120-3
 レジでは宅配便も受け付けてくれるので、いくら買ってもだいじょうぶ!?
 狙ってたシリーズは品薄で必要な枚数がなかったので、次回に見送り。
 個人的オススメはノリタケのステンレスのカトラリー。品があって、とにかく軽い!ケーキ用のナイフは珍しいし、小ぶりなので、こどもの食事のときに使わせている。1本250円~と手頃なお値段。

 次回のセールは、9月23日(土)~25日(月)
 全商品20%オフ。
 午前8時~16時30分。
 その次のセール予定は、12月9~11日。

 まだまだ買う(スペースの)余裕があるのか、わたし・・・・・。
 
 
 
[PR]
by epsom | 2006-09-13 20:14 | S.A.G.Aトラベル

佐賀競馬

 終戦記念日は、ココ行ってました。
a0015110_21531828.jpg

 JRA交流競走 サマーチャンピオン(九州G1) @ 佐賀競馬。

 JRAの競馬は夏の暑さを避けて、涼しい(といわれる)新潟や札幌などでレースをしているわけだが、、、、、佐賀競馬の存在は、まあ、
あんまり関係ないのかなと思ったりもして。。。

 酷暑の輸送のためなのかどうか、JRA勢はこぞって大幅に馬体重が減ってるし、と、地元勢を中心に馬券を買って・・・・・・・・・・・・・

 やっぱりJRA馬は強かったわけで。

 考えてみれば、私は公営競馬では常に地元勢に肩入れして負け続けている気がする。
 a0015110_2251192.jpg
 さてこの日、穴党のアベコーこと阿部幸太郎さんが予想イベントをしていたので、ひさしぶりにお会いできるのも楽しみにしていた。NBCラジオ佐賀の公開ナマ放送。アベコーさんのトークを楽しむも、直射日光にジリジリ焼かれる。
 メインレース終了後、ご挨拶。懐かしの再会も競馬のはなしではなく、アベコーさんが現在もっとも力をいれている大衆演劇について。主に、早乙女太一クン。アベコーさんの携帯の待ち受け画像の太一クンが壮絶なまでに美しい女形。友達も橘劇団にハマっているので、ぜひいつかは観劇したいものである。友人からムスメ連れでは「教育上いかがなものか」と言われたので、大衆演劇とはどんなものか実に興味深い。
 ちなみに、今月は佐賀のマリトピア、9月は博多新劇座で早乙女太一&大五郎の両方に会える。
 
 
[PR]
by epsom | 2006-08-18 22:29 | S.A.G.Aトラベル
 またもや、やってもーた。
 有田の陶器祭、波佐見の陶器祭に、三河内はません祭、中尾山・桜陶祭。
 そのほかにも、ふだんから有田・波佐見焼が3割4割あたりまえ!なスポットは点在していてわたしを悩ませるも、.・・・ああ、まだまだわたしを誘惑する

器の大セール会場

  があったとは・・・・・・。

 ちうわけで、ノリタケなんですよ。あの。
 ノリタケは伊万里に工場があり、アウトレットを併設して安いとは噂にきいていた。
 しかし公式サイトをみても、伊万里工場の情報がない。謎の秘密工場。
 そこではふだんから半額、それがさらに20%オフになる究極のセールがあるという。
 で、ついに、その情報を知るかたが、本日初日の早朝から連れて行ってくださったのだ。

 a0015110_23261528.jpg
 全体像は、この写真の100倍以上。とにかくデカイ。そして安い!!
 主なお客様は、意外なことに外国人。どうやら米軍基地関係の奥様が主流の模様。
 食器はすべてフルセットで買っていくから、有田の陶器市でも見たこと無いような量を、ガシガシ新聞紙にくるんでお買い上げ。段ボール3つも4つも積みあげて、屋台で充実の笑顔を浮かべてコーヒー飲んでたり。
 他人が、豪快に買い物をしている様子って、好き。見ていて楽しいもん。

 セールは月曜日まで。
 ただし、行きたくなったひとのために場所を説明したいのだが、ワカラナイ。
 12月にまたセールがあり、そのときには案内ハガキが来ると思われるので、ブログにのせまする。
 本日の収穫は、写真のグラン・ヴェール シリーズ。
 1枚2625円のデザート皿が全5種類入っていて、B品とはいえ、たったの4千円でした・・・・。
  
[PR]
by epsom | 2005-09-24 23:57 | S.A.G.Aトラベル

虹の松原

 いちど高速を使わずに福岡まで行ってみようということで、のんびりドライブ。
 知らない町をみるのは楽しい。

 a0015110_0541338.jpg
 途中、休憩したところが、海水浴場。
 これだけキレイな海&砂浜なのに、誰もいないことに驚き!
 横浜出身のワタシにとって子供のころ、海で泳ごうとなると、行き先は湘南。
 定番が、鎌倉・由比ガ浜。
 いちおうあのあたりではキレイなほうの海と言われていたが、ココと比べると・・・・・・。
 しかも往時は、近くのマクドナルド、売り上げ日本一を誇っていた。
 つまり、それだけ人出がものすごく多く、海水浴場=イモ洗い。
 なので、シーズン真っ最中なのにかかわらず、
 静かで美しい海水浴場が、なんだか不思議な光景にみえてくるのだ。

 a0015110_1122962.jpg
 日本の道100選、景勝地・虹の松原も通過。
 静岡の三保の松原、京都の天橋立とならぶ日本三松原の一つ。
 佐賀県にはいいところがいっぱいあるよな。
 
 本日の最終目的地、福岡のしましまタウン
 ミッキーよりもミッフィーよりも、大好きなしまじろうに、ムスメは大喜び!
 ・・・・・だと思ったんだが、慎重にかまえてなかなか近づかない。
 やっとしまちゃんと手をつなごうと小さな手を差し出すも、しまじろうの背後から静かに黙って近づくので、気づいてもらえず。
 スタッフが声をかけてくれてようやくなんとかなるも、特に嬉しそうな顔をするわけでもない。   「お手てつないで歩けて嬉しいね~~!!」などと、しまじろうに気をつかうワタシ。
 
 こどもって単純かと思っていたが、そうでもない。

 ところで、くだんのマックは今年、閉店しちゃったんだそうだ。
 月日の流れに、しばし、寂寥感・・・。
[PR]
by epsom | 2005-07-20 23:55 | S.A.G.Aトラベル

イチゴ狩り

a0015110_1444762.jpg 誘われて、イチゴ農家へイチゴ狩り。
 ビニールハウスのなかは昼には30度以上に達するそうで、眠い目をこすりつつ早朝から出発。曇った空をながめて、良い天気に恵まれたと思う。

 ふつうイチゴは店頭に並ぶころを見計らって半熟で出荷するそうだ。
 ということで、土の上で完熟したイチゴの甘さには驚いた。
 ムスメ1歳児は、地面にはえているイチゴを頬ばり、なんでここにこんな甘いものがあるのかと不思議に思ったようで、葉っぱや土も食べる勢い。これこれ。




a0015110_1575664.jpg

 無言で蟹をほじくるのに似た無心な境地で、黙々とイチゴを採集。
 さんざんイチゴ狩りを堪能したのに、くだんの農家のみなさんは、ウチで採れたもの、ということで段ボールいっぱいに、糖度の高いトマト、おばあちゃんが趣味で作った新たまねぎ、それに芍薬など、クルマのトランクいっぱいのおみやげもくださった。
 
 友達によると、ここのお米がまた絶品なのだという。
 今年の秋は、共同購入のお仲間にまぜていただこっと。。。 
[PR]
by epsom | 2005-05-09 14:59 | S.A.G.Aトラベル

有田 陶器市 初日

a0015110_0143287.jpg 午前中、とりあえず行ってみるかと、なかば惰性で有田陶器市へ。

 毎年、陶器市初日は雨が降る、というのが決まりのひとつ(?)らしいんだが、今年は気温は高めでも曇天で散策にはちょうどよい気候。
 
 陶磁器が道の両側からこれでもかと多種多様の品揃えで迫ってくる。
 とはいえ、行ってみて思ったが、ここのところ波佐見・中尾山にハマっているわたしとしては、やっぱりどうも有田焼にいまひとつ惹かれない。
 食器洗い機に安心してつっこめるのは、品のよい薄手の有田焼より波佐見焼・・・。
 それにやっぱりお値段が。。
 食器棚がいっぱいなので、選り抜いた品しか買わないと決めてしまうと、いいな、と思うのはやっぱり最低でも3千円以上。欲しいなと手にとるのは、半額でも5千円以上。
 いいものはやっぱりいいお値段。

 そんななか、オットが気に入って買い求めたのがコレ。

 a0015110_0262282.jpg
 ここのお店は去年もいいな~と長い時間ひっかかった場所。
 作り手の若さの感性がオサレで実用的。(ついでにご本人がカッコイイ) 
 この皿は、「アフリカ皿」と命名されていた。3千円也。

 お店にあったネームカードをよく見てみると、
 なんと住所は、「波佐見」!

 むー、つくづく波佐見から離れられないんだなあ・・・。

 
[PR]
by epsom | 2005-04-29 23:57 | S.A.G.Aトラベル

有田で雛祭り

a0015110_23184129.jpg すごくいいよ~と誘われて、創ギャラリーおおたで開催中(~2月13日まで)の布びな展へ行ってみた。
 初日は混んでいて見るのもタイヘンだったというが、きょうはゆっくり見られるも、ほとんどが売約済。人気あるんだな~。
 手縫いのお雛さまは、胸元にちりめんの袷がそれぞれ異なり、どれも風雅で可愛らしい。
 ムスメの初節句もなんにもやらなかったワタシだが少しココロが動く。
 ま、初節句どころか、お宮参りもお食い初めも、そのうえ1歳の誕生日もなんにもやらなかったんだけどな~(笑)。
 佐世保のひとは1歳の誕生日は派手にやるそうで、ママ友の家では、じぃじが稲を作るところから始まり、手作りで草鞋をあみあげ、履かせたそうな。
 
a0015110_23471662.jpg 有田の町はいま、「有田雛(ひいな)のやきものまつり」(~4月3日まで)
 磁器のひな人形やこども用食器などを各店で展示販売している。
 a0015110_23481016.jpg
 ←香蘭社では、


 105万円の磁器ひな人形が・・・・!!



 と、たくさんスバラシイおひな様をムスメに見せたことだし、これにて雛祭り終了ってことで。(・・・え!?)  
 
[PR]
by epsom | 2005-02-05 23:52 | S.A.G.Aトラベル

初詣

a0015110_19325964.jpg 
a0015110_19331871.jpg









 初詣は、景気よくにぎやかな所がイイ!

 ということで、日本三大稲荷のひとつ、祐徳稲荷神社へ。
 事前リサーチで、「とにかく混むよ!」と聞いていたので、期待大(笑)。

 元旦はハウステンボスで過ごしたので、祐徳稲荷にいったのは2日の午後。
 門前もなかなかの賑わいで、いい感じ。
 やっぱりこうでなくちゃね~。

a0015110_19334553.jpg
 ところで「ものすごく混む」という感覚が、どうも、こちらのひととワタシとでは、ちと違うような気がする。

  たとえば、過去の三が日に行った場所では・・・。

 例年行っていた、鎌倉・鶴岡八幡宮では、びっちりと参拝者が埋まり、階段をあがるのに通行制限があったし、軽井沢のアウトレットは1mもまっすぐ歩けなかったし、そうそう、三が日の人出・日本ナンバーワンの座を譲らない明治神宮なんかは、境内すべてが通行制限、参道入口の鳥居から本殿にたどり着くまで 2時間 かかったこともあったっけ・・・・・。

 a0015110_1934071.jpg
 3日は、鳥栖のアウトレットへ行ったけれども、確かに混んではいたといえ、にぎやかでおおいに結構!というか。
 そうね~、こちらの混んでいるというのは、「にぎやか」という感じ。
 いうなれば
 いたって、人間的な混み方、 かと。

 a0015110_19341096.jpg
 どちらがいいかといえば、こちらのほうがいいわけなんだが、
 それでも時折、福岡・天神の喧騒に身をひたすと、




 妙なやすらぎを覚えてしまう。

 ☆参考 三が日の人出 警察庁発表 1月5日 gooニュース
 1 明治神宮    (東京) 310万人
 2 成田山新勝寺  (千葉) 265  
 3 川崎大師   (神奈川) 262  
 ・・・8 鶴岡八幡宮  (神奈川) 198 
   9 太宰府天満宮  (福岡) 194 

 1 東京ディズニーリゾート(千葉) 35.7

 長崎県内 (県警発表)
 1 諏訪神社 17万5千人

 佐世保市内 亀山八幡宮 5万5千人
 
  
[PR]
by epsom | 2005-01-05 12:45 | S.A.G.Aトラベル

佐賀競馬

 で、図らずもひっぱってしまったが。
 ロンドンからの旅人・日帰り旅行、メインの行き先は。

 ここです。

a0015110_23514875.jpg



 佐賀競馬場。


 彼女は毎年ひとつ、新しい競馬場へ行くことをモットーにしている。
 しかし今年はイギリスで新しい競馬場には行けなかったこともあり、佐賀競馬場をとても楽しみにしていたのだ。
 
 わたしも九州の競馬場ははじめて。
 いやあ、驚いた。


犬の散歩しているひとが結構いるし。

 そんな競馬場もはじめて!
 
 この日のメインレース、
 KG1 って、ナニ??
 九州地区G1ってことだろうか。
 いまは佐賀と荒尾しか九州には競馬場はないけれども。
 
 ちなみにちょっと調べてみたところ、昔の九州は競馬場だらけ、だった。
 長崎だけでも、諫早競馬場、長崎競馬場、なんと、ハウステンボスの隣町、早岐競馬場なんてのもあった! 
 
a0015110_0291088.jpg  (写真は違うが、)この日のメイン、九州ジュニアチャンピオン(サラ系2歳オープン)は、単勝1.7倍の鮫島騎手鞍上、カンモンカイキョウが、強かった!
 好きなようにレースして、直線で、ひょいひょいとか~るく他馬を一蹴。
 能力が数段上で、今後も注視してみたい2歳馬。



 場内散歩は、お楽しみの屋台~。
 地方ごとに特色があるが、ここ佐賀は、こんな風に揚げものを鉄板でアツアツにしてくれるものだった。

 
a0015110_0344655.jpg


 
 ところで、ここ佐賀競馬場では、JRAの馬券も売っているのだが、


 見つけられるものなら、見つけてみろ!


 というくらい、ヒジョーに分かりにくい場所で、けっきょく、見つけられなかったのであった・・・・。

 
 
[PR]
by epsom | 2004-12-04 00:39 | S.A.G.Aトラベル

ロンドンからのトモダチ

 妊娠前までは、ワタシは毎年のように、一年の半分はロンドンで生活をしていた。
 ここでよくつっこまれるのだが・・・・・、ええ、ケッコンしていても、渡英していましたとも。
 もともとオットはロンドン駐在員であるので・・・・といっても、なんの説明にもならないが。
 いったい、なんのために、そしてなにをしているのか・・・・、そのあたりの話しは、長くなるので、おいといて。

 で、そのロンドンでのわたしの部屋(ビッグベンの鐘の音が聴こえる、ロンドン中心部の一軒家!)をシェアしてくれている、心優しい大事な親友のイギリス人女性が、ハウステンボスの我が家へ遊びにきてくれた。

a0015110_21555220.jpg 
 さて、どこへ観光に行こう?

 とりあえず、自分がよく行くところの、「有田」へ。
 日本的なところがいいかな、と、柿右衛門窯。
 ハウステンボス内にも柿右衛門ギャラリーがあり、夏のあいだは無料の冷房つき休憩スポットとしてよく活用させていただいたので、ヒトに説明できる知識もそこそこあるし、と。

 ここは、陶器市のあいだは古民家にて無料で湯茶がふるまわれていて、そのお茶はもちろん、柿右衛門の器なので、ひょっとして今日も・・・と訪れたがアテが外れる。
 なんせ人間国宝の作品、、、コーヒーカップも一客、陶器市価格で2万7千円、、わたしの家ではふるまえない(笑。

 a0015110_223097.jpg

 ランチはどこにしようか、と、前からちょっと気になっていた、深川製磁の隣、渓山窯へ。
 ここの染付けは、毎日の暮らしになじみ、かつ、楽しい!
 HPによると湯布院の玉の湯でも使っているらしい。
 併設するカフェの自家製カレーがなにやら良さそう・・・。

 a0015110_2291114.jpg

 どんな器で供されるのか、それも器初心者のワタシには勉強したいところ。
 2階のカフェはギャラリーでもあり、器に囲まれ、幸せ。
 カレーを注文して待つあいだ、見て周る。
 一般に、日本人というのは染付けになじんでいるので、青い色の器に美しさを感じるんだそうだ。イギリス人の彼女は、ミドリ色にご執心。

 
a0015110_22103510.jpg


 自家製カレーに有田名物、呉豆腐つき!これで700円だったかな。
 野菜と果物の甘さが溶け込んでる。ウマーイ。
 このランチョンマットは可愛い。来年の陶器市で買おう(笑。


 さて、彼女の期待にこたえた本日のメインイベントは次の場所。
 長くなったので、また次回。

 ☆メモ 有田のなんでも検索は→http://www.marugotoarita.jp/kanko/search.html 

 
 
 
 
[PR]
by epsom | 2004-11-29 22:36 | S.A.G.Aトラベル