ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2004年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 ハウステンボスには、なんとカルチャースクールもある。
 町の中心部にある、パサージュという、ヨーロッパによくあるようなオサレなアーケード内に、それはひっそりとあったりする。観光でブラリと寄ろうと思う場所ではないので、ふつうに遊びにきたひとはまず通りがかることはない。
 そんな一般的には謎な「アカデミア」が年に一度の文化祭をやる。
 まあ、わたしもどこかで参加してるわけで(笑)。

 ユトレヒトプラザでは毎日、作品展示のほか雑貨、コドモ服、家具なども販売し、いろんな講座からの体験教室もあるし、ステージでは発表会もおこなわれる。

 ぜひ遊びにきてください。

 10月1日(金)~3日(日) @ ユトレヒトプラザ 入場無料
 
 発表会
 10月2日 午後1時 中庸姿勢法講座  歪み解消運動の講習
        午後2時 胡弓講座
        午後6時30分 クラシックバレエ講座 「白鳥の湖」「眠りの森の美女」など

 10月3日 午後1時 バイオリン講座 今回は先生がバイオリン演奏を。
        午後1時30分 ゴスペル講座
        午後2時30分 シャンソン教室

 体験講座
 アロマ・リフレ   ネイル  パッチワーク  ビーズアクセサリー
 純銀粘土   粘土フラワー  ジュエルアート(彫金)   トールペイント 
[PR]
by epsom | 2004-09-30 23:01 | ハウステンボス
ハウステンボス

chimakichiちゃんがハウステンボスへ遊びにきてくれた。関西在住モーレン会員(にしたのはワタシだが)の彼女が雨の長崎空港からフェリーで到着。本日から2泊3日、今回はまったりリゾートの模様。同じもの見て、同じもの食べて、どう感じることが違うのか。ちまぶろぐとココを両方楽しんでみてくだちぃ。

 
a0015110_23122826.jpg いつも味なセンスのあるchimakichiちゃんのおみゃーげ。今回は梅田阪急限定ショップ。なんか超人気の行列店らしい。このフィナンシェもバターの味がずっしりで、こりはスゴイ。もう1つのほうは信楽焼の器に入ったオレンジケーキで、まさに狙った、「和」の洋菓子の訴求力がある。お味をみたら、画像アップするね。しかし、こんなに重くてかさばるおみやげをはるばる抱えてきてくれて、chimakichiちゃんは他人を喜ばせる労を厭わないヒトであるなあ、、、(泣)。


 a0015110_23214111.jpg長崎は雨であったが、午後より晴れる。
 モーレン会員は、ただいま入場ポイントがスクラッチカードになっている。わたしの狙いは20ポイントでもらえる会員カードホルダー。本日はいきなり10ポイントゲット!うしし。いやまあ、毎日ハウステンボス行ってるから、実際はもう100ポイント以上は軽くたまっているんだけども。ま、こういうのは、目標があったほうが燃えるわけで。

 そしてモーレン会員は無料になった桃鉄ラリーに挑戦。場内の人気スポットをめぐって携帯にアクセスしながらゲームを進めていくもの。おお、これでまたハウステンボスを楽しく遊んで回遊できる、いっそ50億円以上つくって上位10人を目指そう!と燃えるが、しかし。受付直後のスポットが地図をいくらみて探しても見つからず。「もう、たまたま見かけたらやればいいよね・・・」と、いきなりヤル気が空へ飛ぶ。

a0015110_23385394.jpg 歩いていると、3Dトリックアートはこちら、の看板。大理石調の床にそれは直接、描かれていた。
 まず、両目をあけて見る。次に片目を閉じて見る。すると、、、
 うわっ、ホントに浮きあがって見える!!おもしろーい。どうしてそうなるんだか、もっとじっくり細部を観察してみようと思う。なぜならわたしはプロのお絵かきだからさ。

 いや、どーせ描けないんだが。
[PR]
by epsom | 2004-09-22 23:49 | ハウステンボス

中山は12Rに・・・

ウィンズ佐世保で入場券プレゼント

 この業務連絡にしっかり応えてくりた、一流スポーツ紙の競馬記者Sさん!
 ありまと~!!

 本日の中山12Rカフェベネチアン
 マイルの方が流れに乗りやすいはず。ひまがあったら中山9Rのナチュラルメイクもおもしろい、 とのことです。

 これで1900円複勝買って、100円で3連単を買って、いざ抽選
    →ハウステンボス無料入場券ゲット!

 てなことをやってみてください。
 
 ただし馬券は自己責任でネ・・・・!
 ハズしても、S記者やこのブログを責めないように(笑)。
 
[PR]
by epsom | 2004-09-18 01:04 | ハウステンボス

唐津焼展

  きょうから開幕の唐津焼展に行ってきた。
  
  唐津焼の有名窯元がズラーリそろう、年に一度、お祭り気分の展示即売会だ。
  ふだんよりもちょっとお安くなっていて、空クジなしの唐津焼抽選会もある。
  たっくさんの唐津焼をのんびりと品定めできるし、いつもは唐津を点在する窯元とのおはなしもじっくりできる。
  こんな愉しい機会を逃すテはないと、初日でGO!


a0015110_23345255.jpg 

 唐津焼も第○代とかいう老舗系は、お値段も重鎮・・・。
 でも、唐津焼って東京のデパートでは3倍になるっていうしなぁ。。。

 「1楽、2萩、3唐津」というように、唐津焼は茶道方面では特に人気が高い。
 そのため、そりゃあ素敵な朝鮮唐津の水指とかあって、もううっとりだったのだが、なんせ日常生活ではぜったいに使わないわけで、それに15万円は・・・・残念ながら見るだけ・・・。

 唐津焼では代表的ともいえる、黒釉の上に、白の藁灰釉をかけた「朝鮮唐津」は、あのコントラストの美しさ、青への変化は、窯元によっても個性があるし、そもそも作品ごとに味が異なる。大好きだが、お値段がはるものが多い。うーむ。

 しかしほかにも粉引に絵唐津、三島唐津という文様を彫って化粧土をぬり、釉薬をかけ、と手間をかけた技法・・・いろいろあって、会場をひたすら回遊してしまう。
 どこの窯元もみなさんそれぞれの作り方から選び方まで親切に教えてくださる。さらには隣にいた陶器に詳しいお客さんから講義も受けたりして、わたし、楽しくて会場から出る気なし。

 で、暇になったオットは隣で絶賛開催中の唐津競艇の場外へひょいと消え、儲けたオカネで、職場のペン立てにと、中の辻窯で花器を買っていた。

a0015110_025119.jpg わたしのお目当ては、なんといっても

王天家窯 (おおあめやがま)!


 あちこちみて比較してやはり、ここの窯元がいちばん爽やかさがある。
 思わず目をひく、あの鮮やかな碧い釉薬をつかった新しい唐津焼。
 和紙を使った独創的な作品。とにかく愉しい。そしてお値段が手ごろ。
 会場でいつも店先がにぎわっていたのはここではないだろうか。


a0015110_0323510.jpg


 愛する象嵌シリーズ・コレクションをまた増やす。
 うしし・・・・。

 それにしてもハウステンボス住人になってまだ半年なのに、もう我が家の食器棚の大半は、有田焼と唐津焼に変わってしまったなんて。

 ハマリすぎ・・・・。


  会場 唐津駅前のアルピノ
  期日 9月17日~21日(火) 9時~18時
 
[PR]
by epsom | 2004-09-18 00:50 | S.A.G.Aトラベル

レモンステーキ@時代屋

 佐世保名物シリーズ。

 佐世保名物といえば、いままで紹介したのが、ハンバーガートルコライス(これは長崎名物だが)、そして今回は、

 レモンステーキ!

 最初聞いたときは、

 「え、レモンの輪切りを焼いたやつ?」

 と思ったけれど、(あなたもそう思ったデショ?!)
 なんでも、在日米軍のみなさんにも食べやすいものを作ったとか、夏でもOKなステーキを考案したとか、発祥はドコだとかいろいろ言われているが、なにはともあれ、すでに30年の歴史があるらしい、

 ・・・コレです。

a0015110_14495731.jpg


 バターを縫った鉄板に、牛の薄切り肉がジュージューと、そのうえにレモンソースをかけただけ。
 このシンプルさで、注文してすぐに登場した。

 食す。

 ほおおおお、こりは、意外なほどウマイ。
 甘みのあるソースにレモンの爽やかさが、こんなにも肉と相性が良いとは。 
 店員さんが、「鉄板の肉汁は、ごはんにかけて食べるととてもおいしいですよ~」と、勧めてくれる。
 これがまあ、この肉汁ごはんのためにレモンステーキを注文したいと思うほど、美味・・・(涙。

 もちろん会計では、オリジナルレモンソースも買って帰りましたとも。
 次回は、謎のメニュー、ウズベックライスを食さねば。


 ☆メモ 時代屋 畳の個室アリ。こども連れも行きやすい。
 P有、佐世保中心部、TEL 0956-22-0929

 

 
 
[PR]
by epsom | 2004-09-13 15:00 | 食べる!
 めちゃ太っ腹な企画。

 ハウステンボスに隣接しているウィンズ佐世保では、11日から、3連単を含む2000円以上の馬券を提示して、抽選に当たれば、
ハウステンボスの入場券をプレゼント!

 ちなみにハウステンボスの入場料は、3,200円なのだから、挑戦しがいがある。

 今回のスゴイところは、当選確率が、ほぼ2回に1回
 入場券はペアで、9月いっぱいまで有効。(いままでのキャンペーンでは当日限りだった)
 1日何回でもトライ可能。2000円分の馬券を複数枚買えばそれだけチャンスが増える。

 実地日は、
 9月11日(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)・20日(月・祝)・25日(土)・26日(日)
の計7日間 。

 詳しくはコチラ

 で、まあ、思うに。
 週末はウィンズへ行って入場券をゲットしてからハウステンボスへいけば、お小遣いもふえて倍オイシイ・・・・・なーんてことは甘いかもしれないので、固い対策を考えると。

 3連単はとてもムズカシイので、100円だけ買う。(馬券は100円から買える)
 で、残り1900円は、かたい複勝を狙うと。あまり儲からなくても損する確率は低い。
 
 ちうことで業務連絡。


 ここを見ている某一流スポーツ紙、競馬記者のSさん。
 今月の固い複勝の馬を何頭か推薦してください。


 あ、競馬に絶対はないことは、よ~~~くわかっておりますので(笑)。
 
[PR]
by epsom | 2004-09-10 22:06 | ハウステンボス
a0015110_23245685.jpg ここってそうだったんだなあ、と散歩のたびに気にはなっていた。

 その、パエリアレストランと看板だけ残っていて扉が固く閉鎖されたままだったヌエヴァ カタルニアが、リニューアルオープンしたので行ってみた。

 夕食作るのもメンドーだったし。

 漆喰の壁にマリン色のテントが地中海風とかで、入り口では炭火でシーフードを焼いているし、たしかになんだか楽しい。

 a0015110_23284241.jpg しかし、メニューを開いて固まる。
 パエリア1人前1600円~、しかも


 2名様より


 財布だけつかんで近所へ気軽に夕食食べにきたつもりが・・・・・・うう、やっぱりハウステンボスってリゾート地だったのネ・・・・・。せめてランチにくればヨカッタ・・・。


 気を取り直してまずは前菜。きっとこれはタパスってことだ~♪と期待。
 お皿にちょこちょこ載っているのは好き。


a0015110_2332937.jpg で、問題のパエリア。ここのイチオシは「イカ墨のパエリア」とのことだが、本日は無難なタイプにしてみる。お味はやはり無難に美味しかった。

 しかし、それはそれで、またなんとなくもったいなかった気もした

 なんでなんだろうなあ・・・・。
 

 
 
 
[PR]
by epsom | 2004-09-07 23:42 | ハウステンボス

世知原温泉

a0015110_13194423.jpg世知原温泉へ行ってみた。2004年4月1日にオープンしたばかりのピッカピカな公共の宿、山暖簾(やまのれん)の日帰り温泉。入浴のみは500円(10:30~21:00)。ハウステンボスからはクルマで30分くらいなんだけど、公共の交通機関を使う場合は、佐世保駅前から西肥バスを使う。

 いかにも、黒川紀章デ~ス!!ってかんじのコンクリート打ちっぱなしの建物。
 
 この黒川紀章プロデュースの公共の温泉といえば、宝塚温泉を思い出す。


 
  斬新なんだろうが、なごめない。

オシャレなんだろうが、ツマラナイ。。

 そのくせ入館料も高く、駐車場も有料と、費用対効果にうるさい関西人には大不評で、あっというまに宝塚市のお荷物となり閉館となった。
 無機質きわまりないコンクリートの壁みながら湯につかっても落ち着けませんって。

 その反省が生かされているのか、随所に木が使われ、あたたかみがある。

 なんといっても、ナトリウム塩化物泉の源泉湯のヒノキ風呂がイイ!
 つかっていると、お湯のやわらかさのなかに肌もやわやわトロけていくかんじ。
 長崎の名湯である。

 公式HPには書かれていない情報としては、夕食は事前予約制とのこと。
 コレ知らなくて、当日行って、がっくり。
 仕方なく、長崎発祥のとんかつ店、浜勝で、鱧(はも)とヒレのかつ定食を食す。ここリンガーハット系列のチェーン店なんだけど、こだわりの食材で、とんかつチェーン店ではいちばん美味しいと思われる。

 次回は世知原温泉で食べようっと。
[PR]
by epsom | 2004-09-06 14:01 | 長崎・佐世保観光情報