ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2004年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ロンドンからのトモダチ

 妊娠前までは、ワタシは毎年のように、一年の半分はロンドンで生活をしていた。
 ここでよくつっこまれるのだが・・・・・、ええ、ケッコンしていても、渡英していましたとも。
 もともとオットはロンドン駐在員であるので・・・・といっても、なんの説明にもならないが。
 いったい、なんのために、そしてなにをしているのか・・・・、そのあたりの話しは、長くなるので、おいといて。

 で、そのロンドンでのわたしの部屋(ビッグベンの鐘の音が聴こえる、ロンドン中心部の一軒家!)をシェアしてくれている、心優しい大事な親友のイギリス人女性が、ハウステンボスの我が家へ遊びにきてくれた。

a0015110_21555220.jpg 
 さて、どこへ観光に行こう?

 とりあえず、自分がよく行くところの、「有田」へ。
 日本的なところがいいかな、と、柿右衛門窯。
 ハウステンボス内にも柿右衛門ギャラリーがあり、夏のあいだは無料の冷房つき休憩スポットとしてよく活用させていただいたので、ヒトに説明できる知識もそこそこあるし、と。

 ここは、陶器市のあいだは古民家にて無料で湯茶がふるまわれていて、そのお茶はもちろん、柿右衛門の器なので、ひょっとして今日も・・・と訪れたがアテが外れる。
 なんせ人間国宝の作品、、、コーヒーカップも一客、陶器市価格で2万7千円、、わたしの家ではふるまえない(笑。

 a0015110_223097.jpg

 ランチはどこにしようか、と、前からちょっと気になっていた、深川製磁の隣、渓山窯へ。
 ここの染付けは、毎日の暮らしになじみ、かつ、楽しい!
 HPによると湯布院の玉の湯でも使っているらしい。
 併設するカフェの自家製カレーがなにやら良さそう・・・。

 a0015110_2291114.jpg

 どんな器で供されるのか、それも器初心者のワタシには勉強したいところ。
 2階のカフェはギャラリーでもあり、器に囲まれ、幸せ。
 カレーを注文して待つあいだ、見て周る。
 一般に、日本人というのは染付けになじんでいるので、青い色の器に美しさを感じるんだそうだ。イギリス人の彼女は、ミドリ色にご執心。

 
a0015110_22103510.jpg


 自家製カレーに有田名物、呉豆腐つき!これで700円だったかな。
 野菜と果物の甘さが溶け込んでる。ウマーイ。
 このランチョンマットは可愛い。来年の陶器市で買おう(笑。


 さて、彼女の期待にこたえた本日のメインイベントは次の場所。
 長くなったので、また次回。

 ☆メモ 有田のなんでも検索は→http://www.marugotoarita.jp/kanko/search.html 

 
 
 
 
[PR]
by epsom | 2004-11-29 22:36 | S.A.G.Aトラベル

マリーゴールド

a0015110_22493938.jpg


 いまのハウステンボス。

 マリーゴールドが鮮やかで、チューリップ畑の春の次に、いいかんじ。
 朝夕は肌寒いけど、昼間は、トレーナー一枚くらいでちょうどいいポカポカ日和。
 仙台のお友達は、「私にとっては既に真冬です(^^;」とメールがあり、やっぱりニッポンって南北に長いのだなあ、と再確認。

 a0015110_2257582.jpgランチはピノキオグランデで。
 ドムトールンのほうのピノキオは週末はいつも行列。
 なので、港町のほうへ。
 写真は、海老とほうれん草のフィットチーネ。
 やっぱりココのパスタは美味しいな~。でも1300円だったか。
 一緒にいったトモダチと、
 「ハウステンボスは変身中というのならば、1000円でおいしいメニューにもっと力を入れるべきだ!!」と熱く語る。
 どーも、千円メニューは数も少なければ、レベルも低い。
 でも気軽なランチとしても、需要のあるゾーンだと思うんだけどなあ。
 いつも来るモーレン会員のほかのみなさまはどうしてるんだろ。
 なんとか、がんばってほしいものだ。

 ま、わたしのように、毎日ハウステンボスに行くモーレン会員はほかにいなさそうだが・・・。
 
[PR]
by epsom | 2004-11-28 23:04 | ハウステンボス

モーレンクラブ販売会

 明日(28日)までの3日間だけの、「モーレンクラブ販売会」。
 どんなもんだろ、と、とりあえず、ドムトールン3階会議室へ行ってみる。

a0015110_22573424.jpg いや、正直、

しっかりハマった。

 なんせ、安い。ありえないくらい安い。
 
 一緒にいったトモダチが、ひさしぶりのハウステンボスなの~と、テディベアのショップでさっそく買った870円のミトンが、

 いきなり100円均一コーナーにあるし。


 ハウステンボスで時期遅れの不人気商品を処分してるのかと思いきや、ふつーにミッフィーちゃんのショップで売っているようなものまで、格安の、モーレン会員さま感謝価格!!
 なかには、ホテルヨーロッパの客室で使われている、シャンプー、ボディソープが400円なんていうのもあったりして。
 
 ハウステンボスって、モーレン会員をすっごく優遇してくれていると思う。
 何回でも入場フリーの会員組織で、3回入場するだけでモトがとれるというのに、実際は、入会しておくと、年会費の何倍もお得になるような。
 梅雨時の毎日1000円プレゼントとか(毎日、食事代を浮かすひと多数)、このあいだの感謝ウィークのポイントスクラッチ(300ポイントためた友人家族がいる)とか、大盤振る舞いだもんな。

 会員は急げ!
[PR]
by epsom | 2004-11-27 23:11 | ハウステンボス

イルミネーション

a0015110_16542741.jpg


 夜ごはんを食べるため、待ち合わせをビネンスタッドのバス停に。
 バスを降りたら、この風景なのであって。
 思わず、歓声!

 食したのは韓国料理のソウル。
 耳にはいる客席の言葉が韓国語と英語ばかりなのも一興。
 石焼ビビンパは1000円でおなかいっぱいになったし、軽くなにか食べたいときのローテーション入りにしよう。
  
 わたしの場合、ハウステンボスは観光地ではなく、生活の場所なので、
 ときどき場内レストランの敷居の高さ(値段の・・・)に困る。
 千円以内でおなかいっぱいメニューの発掘は大事。
 
 非日常の場所で暮らすがゆえの、現実的な問題。 
[PR]
by epsom | 2004-11-19 17:05 | ハウステンボス

紅葉

a0015110_185522100.jpg ここのところ、11月にしてはあたたかい日が続くからか、紅葉はいま一歩のところで足踏み。
 それとも、南にある九州はこのくらいなのかなぁ?
 月末に、佐賀にある、紅葉の時期の9日間しか公開しない場所へ紅葉狩りの予定。
 どんなかんじなのか、楽しみ。
[PR]
by epsom | 2004-11-15 18:59 | ハウステンボス

ローズガーデン@秋

 パレスハウステンボス前にある薔薇の庭園が、秋の見ごろを迎えていると聞き、行ってみた。
 カットソーに長袖シャツをはおるだけでちょうど良い陽気。
 お天気もよく、いまのハウステンボスは散歩日和。
 おともだちを誘って、ベビーカー連ねて、きもちよく歩く。

 a0015110_232939.jpgすまん。
 薔薇の美しさにうきうきして、ほかの写真はすべて赤ちゃんが写りこんでるため、いまいち盛りじゃない風景だ。
 ただ実際、アーチに薔薇はなく、全体的に咲いている数は少ないのは、ピークを過ぎたからか、それとも台風の影響か?

 ま、春のにぎやかさも楽しいけれど、秋のしっとりとした薔薇の庭もまた良し、かな。
[PR]
by epsom | 2004-11-12 23:41 | ハウステンボス

光の街

a0015110_22223633.jpg 実家@横浜にて育児休暇(笑)を終えて、長崎空港からフェリーでハウステンボスの我が家へ帰る。
 夕刻から太陽が落ちるころ、迎えてくれた場所は、「光の街」に変貌していた。

 写真は、フェリーから降りたところから、あんまり綺麗で、パチリ。
 
 夜のライトアップは別にふだんでもしてるし・・・と思っていたけれど、なんでも5年かけて徐々に進めてきたライトアップが、ついに今年、完成したというソレは、ふだんとはまったく違う。
 
 こりゃ、キレイだわ。

 思わず、そのまま散策へ。
 ここのクリスマスツリーに見惚れては、次のクリスマスツリーにさらにうっとり。

 ホテルヨーロッパの窓には笑い(行ってチェックしてください)、クリスマスショーを愉しみ。

 いまも窓の外にみえるドムトールンが、すんごいことになっている(!)。
 たとえるならば、

 スロットマシンで777がでたような。

 上の写真とは、まったく違う様子になっとります。
 見せたい、でも、まずはハウステンボスへどうぞ。
[PR]
by epsom | 2004-11-08 22:33 | ハウステンボス