ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 なんとか連れて行きたい。でもどうしよう・・・。
 
 関西から友達が2泊3日遊びにきてくれたので、どこを案内しようか考える。 
 わたしのオススメは、有田観光よりむしろ、波佐見焼の中尾山・窯元めぐり。
 しかし、クルマがない。
 波佐見観光協会のサイトをみても、クルマでの行き方しかでていない。
 ハウステンボスからだと、JR三河内駅からタクシーでは、わざわざ遠回り。
 直接、ハウステンボスから小型タクシーで行けば、約30分、4千円位。
 
 で、思いついたのが、ローカルバスの旅。
 旅程はこう。
 ハウステンボスから西肥バスで 9:34→早岐田子の浦(270円)9:55
 乗り換え 内海(波佐見)行き 10:02→やきもの公園(510円) 10:30
 
a0015110_17415654.jpg やきもの公園には
 ←世界の窯があり、実際に焼いてもいる。
 また観光案内所があるので、ここで中尾山Mapなどをゲット。
 中尾山までは徒歩20分くらいと聞き、タクシーを呼んでもらう。
 山頂の「文化の陶 四季舎」まで900円。

 そこからブラブラ歩いて、窯めぐり。
 ふもとまで来たら、タクシーをよんで有田の九州陶磁文化館(2100円)で圧巻の陶器コレクションを。

 徒歩10分、ショップをひやかしながら、JR有田駅。
 特急ハウステンボス 15:41 自由席 610円 → ハウステンボス 16:00

充実の旅になったので、ご参考までに。
 
 時刻表などは事前に調べないと接続が悪いし、本数も少ないので、お気をつけて。
 西肥バスのサイトか、
 むしろ、とてもわかりやすいのが非公式の個人情報サイト、「走行粁を追って」。
 JRの時刻表は、ジョルダン乗り換え案内で。

 実際の旅の模様は、次に。
[PR]
by epsom | 2005-03-28 18:01 | 長崎・佐世保観光情報

ハクモクレンが満開

a0015110_22524029.jpg アレキサンダー広場が一年でいちばん華やぐのは、ほんの1週間。
 ハクモクレンが満開だった。
 咲いたかと思うと散ってしまう花。
 去年も、今度ゆっくり見ようと思っていたら、もう散っていた。
 桜より潔い花だよな。 
 この写真は昨日のだけど、きょうにはもう花弁が見えているものも。
 みなさん、急いで見にきましょ~。

 a0015110_2345185.jpgまた、嬉しい新発見。
 アレキサンダー広場からパサージュ方向にある、お菓子やさんのハンスブリンカーに、
 期間限定のマフィン登場!
 コレ、横浜ランドマークタワーに支店があり、私がこよなく愛するマフィンのお店なのだ。
 ミセスエリザベスマフィン
 まさかこれをハウステンボスで食べられるとは~!(驚喜)
 イチオシは、なんといっても、「フレッシュ バナナ」。
 このしっとり感と、ここちよい甘みに、うっとり。
 自宅にお持ち帰りして、レンジで30秒チンして温めて食べてくだちぃ。
 フレッシュバターの風味がタマリマセン。
 
 毎日、福岡のお店から直送される焼きたてだけを店頭に、だそうな。
 チューリップ祭りの期間限定なので、4月10日まで!
 
[PR]
by epsom | 2005-03-27 23:22 | ハウステンボス

横浜山手

 鬱蒼とした木立のなか、小さな道が門から奥につけ、屋敷はまったくうかがいしれなかった。
 ・・・のに。
 植栽もスッキリして全容が現れていた。

 横浜山手を散歩していたら、母校の前にあった謎の洋館が、
 いつのまにか一般開放されていたのだ。
a0015110_2327277.jpg

 中はこうなっていたのかー!
 もとはイギリス貿易商の家、その後は閉校したインターナショナルスクールの寄宿舎だったらしい。
 横浜山手は旧居留地だったため、いまも現存する洋館が多く、いくつかは整備されて開放されている。しかも無料。神戸の異人館はボリすぎ。

 実家に帰って、最初のうちこそ、

 「ああ、雑踏に癒される」
 

 などとつぶやいていたのだが、どんなに空いてそうな時間を狙って外出しても、常にヒトゴミなのに、疲れてきた。
a0015110_23571512.jpg ランドマークタワーなんか、「ポケモンセンター」なんぞが3月5日オープンしていて、大行列。
 もちろん並んでいるのはお子様連れの家族。
 それがナント、

 2時間待ち!

 こどもがよくガマンして並んでいられると感心する。
 写真にあるように4Fのそこにたどり着くまでに、下のほうの階からぐるり。 
 しかし、ココ、単なるポケモンのグッズ屋なんだよな。
 遊園地系ならまだ分かる。
 だが、ただグッズを買うためだけに2時間行列。
 親としてワタシにそれだけ耐えられるものだろーか。1歳の誕生日でさえお祝いしないような、このワタシが・・・。 

 さあ、ハウステンボスへ帰ろう。
[PR]
by epsom | 2005-03-27 00:02 | つぶやき

味奈登庵@ヨコハマ

 ただいま実家@ヨコハマに帰省中。
 
 母に「あなたのHPは食べ物の話ばかり。そういう趣旨なの?」と
 じんわり諭されたわけであるが、懲りずに食べるネタ。
 横浜に帰ると食べたくなるものはいろいろあるが、そのひとつが、蕎麦。
 
a0015110_1642714.jpg ただいまハマっているのが、味奈登庵
 昔からあるチェーン店なんだが、店によってセルフだったり、フルサービスだったりして、味にも違いがある。よくいくのは本牧。駐車場つきで、サービスも味もとても良い。
 ここはてんぷらにこだわりがあって、サクサク。海老もこのとおり大きい。

 しかしこの店の最大の特徴は別にある。
 このお店は、同じ料金で、大盛りもできる。
 そしてなんといっても、ここには大盛りのさらに上、
 蕎麦好きへの挑戦状、
 
 富士山が存在する。

 
a0015110_16495857.jpg


 これで900円!安ッ!!
 なにも知らずに注文してしまうと、隣のサラリーマンのように運ばれた瞬間、息をのんで、途方にくれることになる。初心者は大盛りまでが無難。
 それでも去年よりは少なくなったような気がする。

 ま、わたしは、別盛りでてんぷらも追加注文しましたがねえ・・・・。
 やっぱり、蕎麦は関東。(てんぷらも)
 
 とはいえ。
 昨日、サカナ好きのコドモのため、近所でちいさなエボダイを買ったら、
 520円もして驚いた。しかも食べると、水っぽい。
 やっぱり、サカナは長崎が最高!
[PR]
by epsom | 2005-03-16 17:00 | 旅行
a0015110_2313728.jpg 案内所でフェアの内容を聞いて即決。
 本日のランチは、ホテル日航ハウステンボス
 ここのランチバイキングはフェアの内容によって正直アタリハズレがあるのだが、ハウステンボスのなかではこの値段(1575円)で前菜からデザート&ドリンクまで食べ放題というのは、ステキな設定。
 
 で、3月のテーマは、
 とろけるフォンデュと春野菜
 ハウステンボスにいると,チーズを食べたくなる指数が急上昇になるので、これは魅力的。

 a0015110_23252125.jpgチーズフォンデュは、私の好きな焼きトマト、ブロッコリー、チキンにソーセージなどが用意され、とろ~りとフォンデュフォークでチーズを絡めると、意外に軽やかな味が、美味しい。
 ほかにパスタ2種、春野菜のサラダ、ラザニアに、こってりしたリゾットと楽しくたいらげ、最後にイチゴのタルトを紅茶でいただく。ふぅ、満足。
 昼ごはんに2時間かけてしまった・・・。
 ま、リゾートだから良しとしよう。

 a0015110_23342457.jpgパレスの前庭は、チューリップ畑を造成中。
 ちょこんと植えられていた、このミニミニなチューリップが可愛い!

 チューリップの時期に、押し花とプリザーブドフラワーの両方を作って、一年中、家のなかをチューリップ祭り開催中にしたいんだけど、さてはて。
 
[PR]
by epsom | 2005-03-07 23:37 | ハウステンボス

馬車

 友人が泊まりに来る。
 彼女は、ロンドン時代のフラットメイト、で、競馬ファンつながり。
 なんと実家では元競走馬をペットとして飼っているのだ!

 ハウステンボス駅から、歩道橋下の無料送迎バスに乗り、まっすぐウインズ佐世保へ。
 本日は弥生賞。ディープインパクトがどのくらい強いのかどうしても見たかったんだが、
 いやー、武豊さまらしい、魅了されるレースだった。
 これで今年の三冠レースが強力に楽しみに。
a0015110_23175147.jpg
 ウインズをでると馬車が馬場に戻ってくるところ。
 こんな風景、やっぱりどう見てもヨーロッパだ。
 
 ハウステンボスのチューリップ祭りは、しょっちゅう花が植え替えられるので、
 色が変われば、景観も変化する。
 なので、何度来ても楽しめる。
 毎日でも楽しんでいるくらいだし。
a0015110_23211713.jpg
 珍しいチューリップを見るのも楽しい。
 →コレ、花びらが多くてオモシロイ。
 
 「風車をみると、オランダというより、ロンシャンを思い出すわ」
 と、彼女。
 ロンシャンとは、フランスの競馬場。
 Moulin de Longchampムーランドロンシャン。ロンシャンの風車。
 凱旋門賞のスタート地点にある有名な風車だ。

 そうか~と同意しつつ、でもやっぱり、風車をみてロンシャンに直結するのは
 彼女だけ、のような・・・・・。
 わたしはまだまだ修行が足りぬ(なんの?)。
[PR]
by epsom | 2005-03-06 23:30 | ハウステンボス
a0015110_12362347.jpg アルカス佐世保で競輪展をやっているというので、見に行った。
 なんで佐世保の文化施設でそういうのをやっているのかというと、アルカスさせぼ杯を佐世保競輪でやるからだとか。

  いつまで存続するのかが心配な佐世保競輪とはいえ、一般人にも知られるスター選手が存在する。
  S級1班、井上昌己選手!
  え、知らない!?
  もう忘れちゃった?
  ほらほら、アテネオリンピックで銀メダル獲った、あの3人のうちのひとりですよ!
  (・・・ああ!)

 会場では、井上選手のご好意で提供されたと思われる、オリンピックの自転車と、ケイリンのときの自転車が並べておいてある。
 タイヤの幅は3センチ弱!?ほ、細い~!

 しかも会場にあったゴンゴロ、じゃなかった、えーと、アレ正式名称なんだったっけ、ローラーでいいんだっけか?とにかく、ローラーの上に競技用の自転車があり、練習に使うやつ(写真手前)、あれは一般客にも開放しているんだけれども、井上選手はなんと、
  時速110キロ 出すらしい。
  110キロだよ!?自転車で!!!
  競馬のウマだって、時速60キロで走ってるというのに・・・!

  競輪も競技中は時速60キロで、競馬とたいしてかわらないようだ。
  すごい。
  一度見てみたいものだのう。ウマ 対 自転車の 真剣勝負。
[PR]
by epsom | 2005-03-05 23:46 | 長崎・佐世保観光情報

チューリップ植え替え

 どこかヘン?
a0015110_23193151.jpg

 ハウステンボスのチューリップはマメに植え替えられている。
 これは植え替え直前の風景。

 ワッセナーのなかも、各所に小さな花畑がある。
 例年、チューリップ祭りの最中は、チューリップが植えられているハズなんだけど、今年はまだパンジーのまま。いつ変わるんだろ?
[PR]
by epsom | 2005-03-04 23:24 | ハウステンボス

ブタマン@桃太呂

a0015110_2232112.jpg ちょっと用事があって長崎へ。
 小腹がすいたので、思案橋界隈の名物、長崎ぶたまん桃太呂で、
 ←コレを買う。
  なんでも、豚肉をミンチにするところから手作りで、国産小麦粉使用、添加物ナシという、こだわりのぶたまん、なのだとか。
 横浜中華街では肉まんと呼ぶが、西のほうは、ぶたまん、なんだねえ。
 で、サイズも違って、横浜ではみない、一口サイズ。
 この小ささは、神戸の中華街にも、老祥記という人気行列店がある。
 関西に住んでいた頃、よくここの店内で蒸したてを食べた。(なぜなら冷めるとアブラが重くて口にあわないから。でも出来立ては美味しい)
 老祥記と比べると、ここのはずっと軽くて食べやすい。すぐに次のを手に握ってしまう。
 ちなみに、横浜中華街での肉まんイチオシは、
 阿媽的厨房 耀盛號  (あまーずきっちん ようせいごう) !!
 ここの肉まんは一癖あるシロモノ。
 食べると中身が赤く(たぶん紅南乳を使っているかと)、角切りのバラ肉がほんのり甘い。
 
 あ、食べたくなってきた・・・・。
[PR]
by epsom | 2005-03-03 22:57 | 食べる!
 すでに宮崎キャンプは打ち上げ、巨人の一軍選手は、宮崎→札幌へとオープン戦のため移動してしまったが・・・・。
 それにもめげず続きをば。

 朝、ホテルの窓からサッカー場が見えたので眺めていると、ボールを手に持って走る人々。ラグビーの練習か?・・・・と思ったら、どうやらサンフレッチェ広島が変わった練習方法をしていた模様。
 宮崎ではプロ野球6球団のほか、プロサッカー11チームもキャンプをしていて、巨人キャンプがあった宮崎県総合運動公園では1月にはサッカー日本代表もキャンプをしていた。
 冬の宮崎の最大の観光名所は、キャンプなのであろう。
 a0015110_22462263.jpg 
 今年のジャイアンツキャンプはファンサービス重視。
 この日の昼休みは高橋由伸選手会長が握手会。
 
 わたしのお目当ては、上原投手。
 案内所では、いま、どこにどの選手がどんなことをしているか、ほぼリアルタイムで教えてくれるサービスが。
 これはイイ!
 さっそく聞いてみると、まもなくスタジアムでフリーバッティング登板だという。相手選手も決まっていて、二岡選手、小久保選手、元木選手などと、実にオイシイ。。。
 a0015110_22542070.jpg
 見ていると、ひとりにつき2~30球も投げていて、合計200球前後も投げていた。すごい。シーズン中ではありえない。最後はマウンドでぐったりひざをついていて可愛いらしく、キャンプを見に行って良かったと思った(笑)。
 二岡選手はキャンプ中から右方向ばかり打っていた。ふだんからこういう練習なのか?
 a0015110_2323068.jpg 
 さすがジャイアンツキャンプということで、色々なひとがいるもので・・・。
 ←この後姿は、オトタケくん
 ほかにテレビ番組の撮影で、キャイ~ンのおふたりや、いろいろ・・・。
 そして彼らにグラウンドから手をふる清原選手。
 この清原選手、練習中にもっともファンサービスをしてくれ、細かく笑いをとったり、ボールを観客席に投げてくれたり。本人の強い希望で残留、大幅ダウンも年俸3億6千万、その査定にはファンサービスも加味されるからなのか?いずれにしても、観ていて楽しいキャンプを演出してくれるのは嬉しい。今季の出場機会がどのくらいあるのかなあ・・・・・。
 a0015110_2326340.jpg
 お昼ごはんは3590leonさんが教えてくださった、山椒茶屋で。
 宮崎って、釜揚げうどんが美味しいんだね~。
 ここは珍しい粟ごはんが味わい深かった。ツブツブした食感が楽しい。
 
 まだまだ宮崎の食は堪能しきってないので、次回以降のお楽しみがいっぱい残ってる。
 またすぐにでも行きたいなあ・・・・。

 しかし、ワタシの旅の記憶の大半は、「食」で占められているような。。。
[PR]
by epsom | 2005-03-01 23:33 | 旅行