ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

佐賀牛

 王天家窯さんは最も好きな唐津焼の窯元さんであるが、時折、貴重な情報もくださる。
 なにかというと、佐賀の美味しい店情報
 地元のひとのオススメはなにより大切にすべし。
 ってことで、期待しながら行った先は、「焼肉の森山」(→HP)。ふむふむ、「 佐賀牛・森山牧場直営営・佐賀牛専門店」。いかにもスバラシそう。NBCラジオ佐賀パーソナリティーのひーまん氏が教えてくださったことには、
 「佐賀牛とは・・・・伊万里牛など佐賀県内には色々ブランド牛がいるが、そのなかでも厳選された最もランクの高い最高の肉のみに与えられる称号」
 だとか。つまり、「佐賀牛」と「佐賀産和牛」は、別の次元のハナシらしい。
 で、コレです。
a0015110_2381199.jpg

 お肉が・・・う、美しい。。。
 行きたい店リストは数多くあり、微妙に遠い都合上、次回なかなか来られないだろうと、気になったメニューを片端から注文。
 で、さらに。
a0015110_238286.jpg

 (ホントはまだまだある)
 このステーキも絶品!
 佐賀で人気の某ステーキ専門店にはちょっと期待を裏切られたけれど(期待しすぎたのかも・・・)、こちらは焼肉屋さんなのに、文句なし。
 いや~、ひさしぶりに焼肉を堪能。
 オットと、ハウステンボスそばにある、”焼肉館「勝」”(→HP ちなみにこちらは伊万里牛)とどちらが上か楽しく議論する。

 お子様ランチのハンバーグも美味しかったし、リピート決定。
 
 いつも美味しい情報を本当にありがとうございます>王天家窯のKクン
[PR]
by epsom | 2006-08-31 23:07 | 食べる!

早実vs駒苫@高校野球 

 清峰の敗退でワタシ的には高校野球熱がやや冷めていたのだが、相方は現在、異様に燃え上がっている・・・。なぜならば、オットの出身校は、かの早稲田実業高校だからだ。
 早実vs駒苫の決勝戦は歴史的な一戦で、両投手の好投は感嘆の一言。
 延長の末、翌日再試合。
 オットは、「甲子園の決勝なんて、人生でもうないかもしれない」と、ある意味、母校にタイヘン失礼なことをつぶやき、行っちゃいましたよ。


 日帰りで甲子園へ応援に。


 早朝にハウステンボスをでたが、満員の甲子園、ちゃんとアルプススタンドに座れるのだろーか。(内野席でひとり「紺碧の空」を歌う勇気はないからとアルプススタンド狙い)校友会の枠があるらしいが・・・。
 
 ところで早実はセンバツのときもだが、OBに寄付金をつのる手紙がきていた。
 で、寄付金を払ったひとには、誰がいくら払ったかの報告がくる。
 きっと有名人がいるに違いないと名前をチェックしていたら・・・。






 王貞治 8千円



 王さん・・・・。なんでそんなに中途半端な額を・・・・。

 さらに探すと、もっとも寄付金を多くだした最上位の欄に、発見。















 小室哲哉 10万円






 さすがです。
 そういえば、早実には、「小室哲哉記念ホール」まであるしな・・・・。

追記 12時現在の甲子園 写メがきた。
a0015110_1252921.jpg

 もう満員!

追記その2

 早実優勝!おめでとう~!
a0015110_15303115.jpg

 優勝旗 授与!
 オットも行った甲斐があったねえ。よかったねえ。
 
 
[PR]
by epsom | 2006-08-21 10:21 | つぶやき

佐賀競馬

 終戦記念日は、ココ行ってました。
a0015110_21531828.jpg

 JRA交流競走 サマーチャンピオン(九州G1) @ 佐賀競馬。

 JRAの競馬は夏の暑さを避けて、涼しい(といわれる)新潟や札幌などでレースをしているわけだが、、、、、佐賀競馬の存在は、まあ、
あんまり関係ないのかなと思ったりもして。。。

 酷暑の輸送のためなのかどうか、JRA勢はこぞって大幅に馬体重が減ってるし、と、地元勢を中心に馬券を買って・・・・・・・・・・・・・

 やっぱりJRA馬は強かったわけで。

 考えてみれば、私は公営競馬では常に地元勢に肩入れして負け続けている気がする。
 a0015110_2251192.jpg
 さてこの日、穴党のアベコーこと阿部幸太郎さんが予想イベントをしていたので、ひさしぶりにお会いできるのも楽しみにしていた。NBCラジオ佐賀の公開ナマ放送。アベコーさんのトークを楽しむも、直射日光にジリジリ焼かれる。
 メインレース終了後、ご挨拶。懐かしの再会も競馬のはなしではなく、アベコーさんが現在もっとも力をいれている大衆演劇について。主に、早乙女太一クン。アベコーさんの携帯の待ち受け画像の太一クンが壮絶なまでに美しい女形。友達も橘劇団にハマっているので、ぜひいつかは観劇したいものである。友人からムスメ連れでは「教育上いかがなものか」と言われたので、大衆演劇とはどんなものか実に興味深い。
 ちなみに、今月は佐賀のマリトピア、9月は博多新劇座で早乙女太一&大五郎の両方に会える。
 
 
[PR]
by epsom | 2006-08-18 22:29 | S.A.G.Aトラベル
 今年もあります、Waku Waku カントリーフェア in NAGASAKI@ ハウステンボスJR全日空ホテル。
 日時:8月18日(金)、19日(土)
 10:00~17:00 入場無料
 九州の雑貨屋さんが集合、オーダーでパイン家具も注文できる♪
 詳細はこちら→ ZAKKA WEB

 いつも雑貨を買いにいくのは、伊万里のWith heart。
 今回このお店もでるので楽しみ。

 雑貨に興味のないオットをどう説得して伊万里まで運転してもらうかというと、途中にある、から揚げの名店(笑)、から揚げドンドンを提案すると、すぐに食いついてくる。
 この店は、「ほねなし グラム150円」と表示され、何グラム買うかを注文するシステム。
 このあいだ隣にいたガタイのいいオジサンが、店員に聞いていた。

 「1グラムで、いくつですか?」
[PR]
by epsom | 2006-08-14 14:46 | ハウステンボス

龍頭泉

 盛夏のなか涼しげな場所を求めて・・・。

 長崎は坂が多い→山が多い→滝が多い、ってことで、今回は東彼杵町の龍頭泉。落差15m、渓谷が竜に似ていて、その頭の部分の滝。

 
a0015110_1711624.jpg


 やはり清流というのは、海とちがって、カラダがベタつかないし、その場所自体がマイナスイオンに満ち溢れていて涼しいものだね。
 龍頭泉は、竜のウロコのような連続した岩が、なんだか足ツボを刺激して、歩いているのも心地よし。ひたすらぽや~と滝を眺めて足を水に浸しているだけで、癒された。

 
 
[PR]
by epsom | 2006-08-13 17:17 | 長崎・佐世保観光情報
 
a0015110_16561724.jpg
 炎天下の外出はなるべく避けているが、「わんわん」にひかれて行ってみた、シーサイドフェスティバル。
 ムスメがものすごく喜ぶ顔を期待していたが、彼女にとっては、

わんわん<<<<<うみまるくん

 だった模様。。。
 特に笑顔もなく、炎天下に泣いて、「早くおうちに帰ろう~」と言われた。
 むしろ親のわたしのほうが喜んだかも。
 「ワンワンね~、ちょっと汚れてるでしょ~、これはちゃんと生きてる証なんだよ!」って話していて、ちゃんとわんわんの中の人もここにいることがわかったので。
 午前11時のショーに行ったが、ワンワンはあの炎天下に夕方6時まで記念撮影とか。だいじょうぶなのかな~。

 シーフェスでは、海上自衛隊のカレーに期待していたのだが、行ってみたら、陸上自衛隊だった。でも200円と格安で美味し。人件費を計算にいれてない値段だ。これも市民サービスなのね。陸自の飯ごうからよそってくれたのが、なんだか良かったデス。
[PR]
by epsom | 2006-08-05 17:02 | 長崎・佐世保観光情報

絵本で世界旅行

生まれ変わったニュースタッド地区、新施設が続々登場と楽しさいっぱい、ですが。
 なんせハウステンボス生活3年めにして、いまだにHTB内のアミューズメント施設はほとんど行ったことがない我が家族。いまも常に、全施設、ニューオープン状態で未開拓(笑)。
 唯一、テディベアキングダムはムスメといっしょに行ったことがあるが、あそこの手縫いクマはやはり魂が入っている模様で、ムスメは恐怖で泣き叫んだ。あそこはワタシもなんだか薄ら寒い。ヒト針入魂のアンティークテディベアたち、確実に夜中は自由に歩き回っている雰囲気なんだよな。
a0015110_22453954.jpg
 
 さて、そんな毎日散歩するだけでまったく飽きないハウステンボスに、この夏、グッドな休憩所を発見。ニュースタッド地区に、世界を絵本で旅行する、というテーマの館が夏限定でオープン。絵本を自由に手にとれて、読みふけることができる。そのためイスもたくさん用意されている。もちろん無料。冷房もきいていて、子連れの休憩所にまさにピッタリ!ふだん手にとらないような、珍しい各国の絵本が厳選されていて、読み聞かせしてあげる私も、話の展開が気になる。国が変わると思想も変わり、「え、そうくるの?」と意外な流れになったりして、おもしろい。
 絵本好きな女性にもぜひ。

 帰りに、絵本を読んだ子どもには、折り紙のプレゼントがあって、ムスメはちゅ~り~ちゃんを選んだ。これ、よく出来てる。こんな気遣いがまたハウステンボスの良さ、だよね。
 
[PR]
by epsom | 2006-08-04 22:45 | ハウステンボス