ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ボーダーコスモス

 アートガーデンのコスモス畑が、見ごろを迎えてマス。

 
a0015110_18455897.jpg


 淡いピンクのコスモスは川岸でよくみかけるけれど、この鮮烈なピンクの美しさや、縁取りのはいったコスモスなどは珍しい。
 春に種をまいたものがスクスクと、いつのまにかこの高さにまで成長していた。
 去年はひたすら一面にコスモス畑、だったのだけれど、今年は狭いながらも通路がある。
 主に手入れ用だが、もちろん写真撮影用に立ち入りもOKとのこと。
 コスモスの前で撮るよりは、ちょっとだけ中に入って、花を手前にいれたショットのほうが綺麗な記念写真が撮れるのでお試しのほどを。
 わたしはなぜかよく写真を頼まれるのだが(やはりヒマそうなのがにじみ出ているのか?)、モデルさんの立ち位置も指示する。てか、きょうもした。
 喜ばれているのか、困らせているのか、再考しよう・・・・・。

 a0015110_18583978.jpg
 ←きょうはワッセナーのご近所さんが、アップルパイを焼いてくださり、いっしょにハウステンボスを散歩したあと、出国口のピクニックエリアでお茶にした。
 あまりあそこでお弁当を広げるひとをみかけないが、こんなふうにお茶するには絶好の季節かと。
[PR]
by epsom | 2006-09-30 19:01 | ハウステンボス
a0015110_2144142.jpg

 夕食を早めにして、夜7時30分からの「港の夜想会」まで散歩。
 ハウステンボスも夜はもうカーディガンが必要な秋の涼しさ。
 港町、帆船デ リーフデ号の前。
 ドムトールンのライトアップに、海からの潮風、夜のハウステンボスは表情がどこか幻想的。
 弦楽器とソプラノ歌手の美しい調べは、この場所だからこそのゆったりとした心地よさがある。
 む~。夜はあまり出歩かないのだが、これはイイ。なんと素敵な時間なんだろう。

 今夜のラストは、大好きなサラ・ブライトマンの「Time to say good bye」で感激。
 なるほど、考えてみれば、この曲は実に、この場所にピッタリ合っている。
 
 船出とともに、愛するひとと別れる歌だからだ。
 ちなみに歌詞はコチラにあったのでご参考までに。
 
[PR]
by epsom | 2006-09-27 22:02 | ハウステンボス

花の芸術祭

a0015110_14141586.jpg

 秋の心地よさをたっぷり感じられる、いま、秋のハウステンボス。
 運河の浮世絵ギャラリーを見ながら考える。
 花でこれだけの絵を表現できるならば、わたしもムスメのために挑戦してみよう。
 
 通称・キャラ弁の世界に。

 こどもが幼稚園にいく年頃になると、どの母親も一度は挑戦するだろう、キャラクターのお弁当。
 たとえばチキンライスとソーセージとケチャップでアンパンマンの顔を作ってあげたりする、アレです。

 で、どうすればいいかネットで検索かけていたら、思いもよらない別世界があることを知った。

 アラレちゃん・・・!? 小梅太夫・・・・!? →★彡次男坊にゃ虐待弁当&ダンナは倦怠期弁当=逆切れギャク弁!★彡
 

 福沢諭吉弁当・・・・!?? →Rico & Coco

 あまりにも凄すぎる・・・・・!!!
 キャラ弁がこんなに深いなんて・・・・・。
 
 
[PR]
by epsom | 2006-09-26 14:53 | ハウステンボス

時代屋 移転オープン

 三河内に移転オープンした、佐世保を代表する味、レモンステーキ発祥の「時代屋」。
 
 a0015110_12505852.jpg
 レモンステーキは、「レストラン門」が発祥なのか、それとも「時代屋」なのかよく分からなかったが、お店にあった説明書きによると、両者は兄弟関係なんだとか。


 さて佐世保駅前にあった移転前の時代屋よりも、内装はさらに明治時代の洋食モダン、みたいな。
 以前は子連れは個室に案内されたが、新店はこあがりがあり、そこでくつろげる。子供用の食器も用意してくださったが、まっ平らな皿でこどもにはすくい辛いのが、ちょっと残念。
 しかし新しく気兼ねなく雰囲気も楽しく、ここは遠方のお客様に佐世保の味を誘うには、実に良いお店。駐車場ももちろんあるし。今後はココを行程に入れよう。
 相変わらずココのレモンステーキは美味で、最後の汁とごはんを絡めるのもシアワセ。
 以前とはメニューも変わり、下町の洋食やさんというよりは、ちょっとランクが上か。
 しかし、お持ち帰り用レモンステーキ丼500円というのも登場し、35号線で三河内を通るなら、お弁当にいいかも。
 これぞ洋食屋さんのサラダドレッシング、と好きだったアレは、しばらく小売しないそうだ。
 再開を待ち望む!

 時代屋 長崎県佐世保市吉福町172-1 11:00~14:00、17:00~21:30
 地図はコチラ(→yahoo グルメ
[PR]
by epsom | 2006-09-14 13:05 | 食べる!
 いまだに公式サイトでは載せていない謎のノリタケSHOP@伊万里。
 iさんから次回のセール日程を問い合わせられたので、久しぶりに直接行ってみた。
 このノリタケ工場にあるアウトレットショップはふだんからオープンしているものの、宣伝もしていないし、道路に看板があるわけでもない。知る人ぞ知る、こっそり秘密に営業しているような風情。  しかし内部は広く、商品はとても豊富。
 a0015110_205192.jpg
 地図はコチラ(→Map Fan)
 佐賀県伊万里市東山代町長浜120-3
 レジでは宅配便も受け付けてくれるので、いくら買ってもだいじょうぶ!?
 狙ってたシリーズは品薄で必要な枚数がなかったので、次回に見送り。
 個人的オススメはノリタケのステンレスのカトラリー。品があって、とにかく軽い!ケーキ用のナイフは珍しいし、小ぶりなので、こどもの食事のときに使わせている。1本250円~と手頃なお値段。

 次回のセールは、9月23日(土)~25日(月)
 全商品20%オフ。
 午前8時~16時30分。
 その次のセール予定は、12月9~11日。

 まだまだ買う(スペースの)余裕があるのか、わたし・・・・・。
 
 
 
[PR]
by epsom | 2006-09-13 20:14 | S.A.G.Aトラベル

問題。

 さて、この物体は、ナンでしょう?
a0015110_18502570.jpg


 正解は、ハウステンボスにありマス。
 じっくり探してみてください☆
  
[PR]
by epsom | 2006-09-12 18:51 | ハウステンボス

エバーカフェ

 ハウステンボスで初めて外部のお店が入ったというトコロが関係者的には話題になったのですが・・・・・え~、このブログ書き始める前に公式サイトでこのカフェを探したけれど、
 ないんですけど。
 この意味することはなにか。深読みしたくなるが、単なるミスか。

 ってことで、エバーカフェ。
 こどものために生まれ変わったニュースタッドにあり、ハウステンボスのなかでもっとも気安く子連れで休憩しやすそうなカフェ。キンダージムの隣だし。(なのにこども向けのハイチェアが用意されていないのが惜しい。)
 ガラス張りで開放感があり、運河やヨーロッパな景色をのんびり味わえる気持ちの良い店。
 
a0015110_209037.jpg

 佐世保駅横のエバーカフェと同じメニューかな、と思いきや、だいぶ違うようで。
 注文したのは、エバードッグセット¥750。
 ドリンクメニューはハウステンボス内では手頃な値段設定だし、いままで朝食なしのホテルプランにしていた朝ごはん漂流者に手を差し伸べるカフェ。

 情報としては、裏メニューで、ソフトクリーム(300円)を注文できるよ。
[PR]
by epsom | 2006-09-11 20:16 | ハウステンボス

海から見ると

a0015110_22381457.jpg

 9月1日からきっちり秋になり、過ごしやすくなったハウステンボス。
 昼間の散歩は避けていたけれど、ようやく復活。
 写真は、海側から見たjホテルデンハーグ。
 こうしてみると、大きなホテルなんだな、と。いまさらながら。

 ちなみに写真の左に見えるのは、「針尾の無線塔」。
 真珠湾攻撃の「ニイタカヤマノボレ」と暗号を発信したことで有名。
 現在、ご近所に米海軍住宅があったりするし、米海軍の弾薬庫もあるのは、どういう皮肉か。
 
 
 

 
[PR]
by epsom | 2006-09-07 22:40 | ハウステンボス