ハウステンボスをベビーカーで毎日お散歩。ワッセナー住人。生活自体が旅行中のような毎日なわけで。


by epsom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
a0015110_14380.jpg 名物ってのいうのは、案外、その地に来ないと知られていないものだ。

 佐世保はハンバーガーなんだそうです。


 知ってた?

 しかも佐世保市が全力をあげて名物にしている、名物中の名物。
 こことかみると、オオ、名物だったのか!そうなんだね!と説得される。店主の似顔絵がまた心をショボショボ泣かせるではないですか。。。観光案内所でもハンバーガーMapが置いてある。

 ハウステンボス内にもハンバーガーやさんがあるが、微妙に高い価格設定なので、いまだ食べたことがない。
 
 で、次の近所は、ハウステンボスからクルマで5分ほどの針尾バイパスにある、ハンバーガーショップへ。ちょっと距離があると、食べにいきたくなるんだなあ。

 ここは「焼肉屋さんのハンバーガー」という店名。国産黒毛和牛100%の自家製ハンバーグに、鉄板で焼くから焦げ目のついたバンズがいい。注文してから焼き始めるので、モスより時間がかかるが、店内は木の落ち着ける空間で、まったり待てる。aikawaバーガーは320円。で、食べ比べてみた結果、わたしは、写真の自家製ベーコンを使ったスペシャルベーコンバーガー400円が美味しい!肉がね、ジワっと濃い味わい。マヨがまた合うんだ~。できたら、ベーコン+ハンバーグのスペシャルにして欲しい。
 フレッシュネスバーガーも好きだったけれど、さすがに黒毛和牛には勝てない。ハウステンボス住人でいるうちは、ここを贔屓にしよう。

 店内の隣では、牛肉も売っていた。
 
 牛肉も全国あちこちで食べ歩くけれど、いままでのところ、もっとも美味しくてしかも安い!のが、神戸牛の山垣畜産が日本一かと。

 でも、値段はやや高いが、佐賀の伊万里牛もおいしかった。
 針尾バイパスにある伊万里牛専門「勝」という焼肉屋さんは、「叙々 苑」より美味しい!
 あの特上ハラミは、一口食みしめるごとに幸福が押し寄せたよ。

 さ、これUPしてすぐハンバーガー、作ろ。

 p.s. 8月1日に、佐世保バーガーフェスティバル開催!10:00~20:15
    JR佐世保駅よこのみなと広場にて。
    佐世保バーガーのイメージキャラはやなせたかし氏が描いたんだけど、
    発表の際、自作の「佐世保ハンバーガーソング」を披露したそうだ。
    そっちのほうがとても気になる・・・・。
    良かったのか、イタかったのか、ほほえましかったのか、と・・・。
[PR]
# by epsom | 2004-06-22 14:39 | 食べる!

シーホーク詣で

a0015110_235832.jpg
 ハウステンボスから福岡へクルマで行く場合、
 西九州自動車道→長崎自動車道→九州自動車道
 と、高速を経由するので、片道3060円かかる。HTB公式HPにもそうガイドされている。
 なので、あまり福岡へは行けないなーと思っていたら、伊万里→唐津と一般道で抜け、しみじみと海岸線を有料道路を使いながらも北上していくと、安く行けるルートを発見し、

こりゃ、月イチで行こうと。

 時間も1時間40分ほどと、あまり変わらないし。

 で、どこが目的地かというと、
 シーホークホテル&リゾート。アジアの熱帯のような植物園が吹き抜け、笑顔のキビキビしたスタッフ、五大陸をイメージした客室、と、このホテルはゆったりと寛げる身近なリゾートだ。ここを拠点に福岡で遊ぼうという趣旨。赤ちゃん連れなので、無理はしたくないし、ベビーベッドをいれてもらった部屋で休憩しながら、ハウステンボスを往復する、と。ま、ちょっと贅沢ですな。

 途中、佐賀の有名ちゃんぽん店、「井手ちゃんぽん」を食す。
 なんでも、武雄店と北方店では味が違い、ファンを二分するらしい。
 両方食べてから感想を書くナリ。長崎にいるなら、ちゃんぽん巡りも欠かせない要素だからな。


ええ、「毎日が旅行中」を本気で実践しているわけですから。

 福岡の町ははじめてだったけれど、2時間もしないうちにとんでもない散財をしていたので、とても危険。HTBでは、あんぱん一個だけ買って帰る日々なのに。いや、ハウステンボスでこそオカネを落としてあげなくちゃいけないんだが。

 キャナルシティではラーメンスタジアムへ。(また麺かよ) なんとなく郷愁を感じて横浜のくじら軒。食べたらラー博行きたくなったよ。特にすみれね。でも、個人的には伊勢崎町の太源へ特に行きたい。あの食べたら他人と口をきけなくなる(まじで)、にんにくラーメンが。。。あ、いわゆる「家系」は横浜ラーメンじゃないんで。やっぱり、サンマーメンだよなあ。ま、横浜話は置いといて。長くなるんで(-_-;)。

 最後、シーホークの岩風呂に入る。
 入浴しているのはワタシだけだったので(なんせ宿泊客でも1500円。ただし和室の客は無料)、広い風呂を独り占め~でほっこり。
 露天があるわけではないので、景色は楽しめないが、高級感ある岩の大浴場は、ブクブクと泡にマッサージされ、疲れがとれる。湯上りはウーロン茶がサービス。

 遊んでばかりいるのに・・・!とお思いでしょうが、一応、疲れているんで。ほら、育児してるから。ホホ。
[PR]
# by epsom | 2004-06-20 23:59 | 旅行
a0015110_235748.jpg
 案外、磁器の町・有田というところは、見所がいっぱいあり、回りきれない。
 ので、何度行っても、お楽しみがまだまだ残っている。
 ハウステンボスからはクルマで30分ほどと近いため、どこかちょこっと行きたい、という気分のときにちょうど良い距離。

 ちなみにハウステンボスから有田観光をして長崎空港へ至る定期バスもでていて、料金は2千円と手ごろなので、利用価値アリ。


 で、今回は、チャイナ・オン・ザ・パークへ。
 宮内庁御用達の深川製磁が作ったテーマパーク・・・というか、ショップというか、工場というか。
 陶器市なみに安いアウトレット商品もたくさんあって、あの喧騒のなかで買うよりは、ここでゆっくり見るのもいいかも。
 と、思いながら店内を巡回したけれど、ワタシ、深川製磁で好き!というデザインのシリーズはもうひととおり入手済みだった。
 そのかわり、ここのオリジナルのドレッシングが販売されていたので買ってみる。(ロックフォールチーズのドレッシングが特に温野菜に合い、とても美味だった。)

 まあ、陶器市は安いけれど、有田はこのほか、有田陶磁の里プラザとか、ふだんから3~4割引きで買える場所があるから、あせることはない。
 とはいえ、いつもの有田の町というのは、ひとけが少なく、通りの店も入り口が閉ざされ、店主は奥に隠れていて、なんというか、超入りにくい。いやー、有田の店って、陶器市期間中の1週間に1年の売り上げの半分以上はあがっているんじゃないか?


 帰りにパンを買おうと、最初は、ポーセリンパークに寄ろうと思ったけれど、途中で看板をみつけて、創ギャラリー おおたにUターン。
 「無農薬国産小麦粉、ミネラル水、天然塩、有精卵、ミネラル糖など素材にこだわって焼きました。」とのことで、いいかんじ。何種類かおみやげに買ってみたけれど、特にあんぱんが美味しかった!ふわふわのパンに、やさしい甘みの餡。あんぱん好きなんで、見つけるとどこでも必ず買うんだけど、ここのは歴代1位をつけてもいい!

 また九州でお気に入りを見つけちゃった。
[PR]
# by epsom | 2004-06-19 23:59 | S.A.G.Aトラベル